中村歯科医院

中村歯科医院

中村俊夫 院長

13247 df 1 main 1261719226

老舗店が並ぶ千歳船橋駅前の路地を歩くと、歴史を感じさせる建物が多く見られる。声をかけてくれる店の人もいて、気持ちの良い街だ。そんな中、行く手にふと現れたのは、白いレンガ造りの中村歯科医院。上品な雰囲気を持ちながらも、通りから一歩下がって入口を構えるあたり、控えめな感じが心の距離感をぐっと縮めてくれている。初めてでも親近感が湧くクリニックである。ドアの向こうには、優しい笑顔の先生。すっきりとした外観と、なんだか懐かしい表情。これらが歯科医院の敷居を引き下げてくれるのだろう。(取材日2009年11月19日)

リラックスできる、「歯科医院っぽくない」歯科医院

―とてもきれいな建物ですね。なんだかほっとする空気があるように感じます。

2007年に引越してきたんですよ。だからきれいなんですけれど、その前は20年ほど実家で診察をしていたんです。生家も経堂なんですよ。だから、ここは生まれ育った街。いい人ばかりで、ご近所も仲良しなんです。前回と同様に建てるときには、堅いイメージにならないようにしました。やっぱり歯の治療を受けるというと、緊張している方が多いんですよ。そこで、色々なアプローチで少しでもそれを和らげるようにしています。まずは外観的にがっちりとした「歯科医院っぽい」ものは作りたくなかったんですよ。少しでも柔らかくしたいと思いました。まずは中に入りやすくして、入ったら温かいアットホームな雰囲気が伝わるようにしています。そして、意志の疎通ができないと先に進めませんからね、歯科医師という以前に、人としてコミュニケーションを取れるように、まず相手の声をしっかり聞ける人間になれるように心がけています。

―歯の治療というと、身構えてしまう方が多いのではないでしょうか?

患者さんはもちろん緊張しているし、治療を別としても初対面なわけだからね。雰囲気からもリラックスできる環境を作っていきたいので、院内は清潔感があることとアットホームな空気になるようにしています。また、顔を合わせるときには、患者さんそれぞれに合わせた話題を交えてお話しますね。年齢や職業の幅はとても広いですから、会話をしていくには本当に色んな知識とか情報が必要です。そいういった意味も含めて、朝はまず新聞を隅々まで読みますよね。世間的な話題はキャッチしていかないと、相手の話を受け止められなくなるから。そうなると心を開いていただけないので。子どもに対しては、昔は「ドラえもん」の話で良かったんですけれど、今はそういうわけにはいかないんですよね(笑)。とにかく、それぞれの患者さんの話を聞くことが大事だから、特に初診はできるだけ時間が欲しいですよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細