あらいクリニック

あらいクリニック

新井竜夫院長

増え続ける大腸がんを検診でストップ
大腸内視鏡検査

あらいクリニック

13186 hr 1 title 1289520754

食生活の欧米化により、日本における大腸がんが近年増え続けています。最新のデータでは大腸がんによる死亡者は年間4万人以上。がんにおける死因では男性が2位、女性では1位となっています。しかし大腸がんは早期発見できればほどんどのケースで治癒が可能で、定期的な検診を受けることでそのリスクを回避することができます。以前は「苦痛が伴うのでは?」と思われていた大腸がん検診ですが、医療機関によってはほとんど苦痛なく楽に受けられることが可能になっているのです。今回は国立がんセンターに長年勤務し、消化器疾患の専門家として数多くの内視鏡検査症例件数をもつ「あらいクリニック」院長の新井竜夫先生に、大腸内視鏡検査の詳しい内容についてお話しを伺いました。(取材日2010年11月1日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

どのような症状のとき、大腸内視鏡検査を受ければよいですか?

大腸がんの症状で一番多いのものは血便です。便に血が混ざっている、または便通異常、便秘と下痢を繰り返すなどの自覚症状が出た場合は早めに検査を受けられた方が良いでしょう。また、大腸がんは遺伝性の要因も大きいとされており、家族血縁に大腸がんになった人がいる場合は、積極的に検査を受けることをおすすめします。

検査時の痛みや苦痛はどの程度でしょうか?

内視鏡機器の向上によって、検査の苦痛は以前と比べて一部軽減されてきたものの、患者さんの受ける印象は医療機関によって差があるようです。当クリニックでは、内視鏡技術と鎮静剤の効果的な使用によって、検査を受けられた方はほとんど痛みを感じないという方が大半です。当クリニックでは、検査前に詳細に問診と説明を行い、患者さんの不安を取り除くよう心掛けています。

大腸内視鏡検査の一番のメリットは?

レントゲンやCT、便潜血検査などでは観察情報しか得られません。しかし大腸内視鏡検査では腸内を実際に診ることが可能なため、検査の精度がとても高いという点があげられます。また病変が発見された場合、その処置も同時に行えることが一番のメリットだと思います。

検診・治療START!ステップで紹介します

まずは来院して問診と予約(予約は電話でもOK)

検査当日の4日前までに来院し、事前に問診を受ける。問診では検査前の不安が取り除けるよう、検査に関する手順や内容について詳しい説明をしてくれる。問診の際に、検査の為の準備の説明と、検査前日と当日朝に服用する下剤を処方されるので指示通りに服薬。受付で費用の案内もあるので安心。あとは当日の検査を受けるだけ。患者さんによっては数日前から常備薬の薬の調節が必要な場合もある。

検査当日。最初は鎮静剤の注射から

来院したらまずは受付へ。個室で検査着と短パンタイプの紙パンツに着替える。準備が済んだら検査室へ。やわらかなBGMの流れる検査室でリラックスした雰囲気のなか検査が始まる。最初は緊張を和らげる鎮静剤の注射から。注射後はすぐ眠くなる人がほとんど。 ※鎮静剤の使用は選択可能。

いよいよ内視鏡検査。ドクターと一緒にモニターを見ながら自分の腸内を確認

眠っている間に内視鏡を挿入するため痛みはほとんど感じない。20分ほどすると目が覚めてくるので、ドクターと一緒にモニターを見ながら自分の腸内を確認する。検査中にポリープが発見された場合は、その場で切除し組織検査を行う。 ※時間には個人差があります。

検査終了後は、回復室でゆっくりリカバリー

検査が終了後は、程なく回復室へ移動。休息時間は個人によってまちまちだが、完全に鎮静剤が醒めるまで、最低でも30分は休息を取る。回復室は個室でリクライニングシートを完備しており、周囲に気兼ねすることなく、気分がすっきりするまでゆっくり休むことができる。目が覚めたら冷たい飲み物をもらい、服に着替えて診察室へ。

診察室でドクターから診断結果を受け取る

内視鏡モニターのスライドを一緒に見ながら、今日の検査に関する診断報告を受ける。症状のある場合はこの時に、今後の治療方針など、いろいろ相談できる。新井先生は国立がん研究センターに在籍していたため、万が一がんが発見された場合も、希望すればセンターに紹介もしてもらえる。診断報告が終了したら本日の検査はすべて終了。終了後はすぐに飲食もできる。 ※センター以外の医療機関も紹介可能。詳しくはHPで。

ドクターからのメッセージ

新井 竜夫院長

これまで大腸内視鏡検査に対しては、「痛くて、つらいのでは?」といったイメージが存在していたように思います。しかし当クリニックでは、患者様にとって「苦痛の少ない検査」を常に心がけています。「昔受けたときよりも楽だった」「これなら毎年受けてもいい」という声をいただくことが多く、定期的に検査を受けられる方が大半です。胃の内視鏡に関して言えば、経鼻内視鏡の導入により、より気楽に胃がんの検査が受けられるようになりました。しかしながら大腸がんの検査に関しては、まだまだ受診率が低いのが実情です。大腸がんは早期発見さえできれば、すぐに治癒が可能な病気。ぜひ積極的に検診を受けていただければと思います。 ※大腸の検査は個人によって差がありますが、毎年もしくは、2・3年おきに受けることをおすすめします。【※当クリニックでは、胃と大腸の検査を同日に受けることもできます。】

読者レポーターのメッセージ

M・Nさん

これまでほかのがん検診は受診してきたものの、大腸内視鏡検査には痛いのではないか?という漠然とした不安や恥ずかしさが先立ち、今まで一度も受けたことはありませんでした。でも実際にあらいクリニックで検診を受けた知り合いから「ほとんど痛みがなかった」との話を聞き、1ヶ月位前から便通で気になっていたこともあり、40歳を期に思い切って受診してみました。あらいクリニックは院内の雰囲気がとても良かったですね。検査中も緊張することなくゆったりした気持ちで検査が受けられました。看護師さんの対応も丁寧で親切でした。検査中は少しぼーっとした感覚の中、痛みを感じることなくあっという間に検査が終わった感じでした。小さいポリープがあったのですが、検査中にとってもらえたので良かったです。事前の問診でも説明してもらっていたので、検査当日の不安もほとんどありませんでしたね。また回復室が個室だったので、検査後もリラックスして休むことができました。これならもっと早く受けていれば良かったと思いました。次回もこちらで検査を受けるつもりです。 ※鎮静剤の効き方は個人により差があります。

Access