あらいクリニック

あらいクリニック

新井 竜夫院長

13186 df 1 main 1277450115

小田急線・経堂駅から徒歩数分の「あらいクリニック」。院長を務める新井竜夫先生は、内科の中でも特に消化器系を得意とする。長年かけて培ったスキルと日々取り入れている新しい医療知識、加えて、精度にこだわった診療を助ける先進の検査機器を駆使しながら診療を行っている。めざすのは「患者さん一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療」。穏やかながらしっかりとした口調で、そう語ってくれた。
(取材日2010年5月10日)

2008年、風通しのいいクリニックビル内に開業

―まずは先生が医師をめざしたきっかけから、教えていただけますか?

医師になろうと思ったのは、小学4年生くらいです。祖父が今でいう脳卒中で亡くなりまして、それを機に医学の方向に進もうと思ったんです。大学は千葉大学医学部に進みましたが、大学では部活動ばかりやっていましたね。テニス部だったんですけれど、練習は週に4、5回。東日本の医学部の大会にも出たりしていました。

―卒業後はなぜ、消化器の専門に?

進路を決めるときは、結構揺れ動きましたよね。全身を診たかったので、まず「大きな科に行きたい」という思いがありまして、内科か外科で迷った末、千葉大学医学部の第一外科に入ったんです。そこで親しい先輩がたまたま消化器を専門にしていたこともあり、私も同じ道へ進みました。その医局には10年所属し、その後、国立がんセンター東病院に約10年。がんセンターでは大腸がんを中心に診ていました。がんになったことで職を失うなど、人生のターニングポイントを迎える患者さんも多く、本当にさまざまな人生模様にふれました。そうした個々の背景や事情を理解した上で、日々最善の力を尽くすことを心がけていました。

―そして「あらいクリニック」を開業されたのが2008年。なぜこの土地に?

それまでの勤務先はずっと千葉だったんですけれど、妻の実家がこちらにあることもあり、自宅は世田谷に構えていたんです。せっかく開業するなら自宅の近くにしようと、経堂を選びました。今はほんの数分の電車通勤です。患者さんに関しても、この辺りにお住まいの方が多いですね。皆さん医療に対する関心が高く、豊富な知識を持って来院されますので、それに勝る情報をご納得いただけるまで理論的にご説明するように努めています。

―ここはクリニックビルでもあるのですよね?

そうなんです。別の階には小児科、皮膚科、婦人科などのクリニックが入っていますが、このビル内の先生同士は風通しがいいんですよ。例えば、小児科でお子さんを診てもらった後にお母さんがこちらの消化器科を受診されるといったように、患者さんも行ったり来たりすることがよくあります。ビル内の先生方とは年2〜3回は会って、親睦会のようなものを開いています。



Access