全国のドクター9,003人の想いを取材
クリニック・病院 160,876件の情報を掲載(2021年8月05日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 鎌倉市
  4. 大船駅
  5. 信愛クリニック
  6. 心の内を安心して話せる場を心療内科受診の流れについて

心の内を安心して話せる場を
心療内科受診の流れについて

信愛クリニック

(鎌倉市/大船駅)

最終更新日:2021/02/08

Top Top
  • 保険診療

ダイナミックに変化し続ける現代社会では、多くの人がストレスを抱えがちだ。社会的立場における責任の重圧や、取り巻くコミュニティーの中での人間関係など、ストレスの要因はさまざま。幼少期などに負った心の傷が、こうしたストレスにさらされることをきっかけにトラブルを引き起こすこともある。そうした精神的負担がさまざまな身体症状として表れるケースも少なくないという。「心と体には深い関わりがあります。どちらか一方のみを診る診療では、問題の根本に迫ることが難しいのです」と語るのは、鎌倉市大船で内科と心療内科を診療する「信愛クリニック」の井出広幸院長。その心療内科の診療について、受診のタイミングや治療の流れなど詳細を聞いた。(取材日2021年1月8日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q心療内科とはどんなところなのでしょうか?
A

心の要因が招く身体症状について、心理的アプローチからその要因を探り、治療するのが心療内科です。丁寧な問診により患者さんご自身も認識していない心の内を明らかにし、つらさに寄り添いながら、ともに問題の核心に迫ります。問題の核心が明らかになったら、症状に合わせて薬の処方や食事・運動などの生活習慣の指導、周囲との関わり方のアドバイスなどを行います。心の内側を表現することは多くの人にとって難しいこと。しかし、本来の自分を抑え続けていては、いずれ不調を来してしまいます。心療内科では皆さんがご自身の内面と向き合い、それをうまく表現できるようになるためのお手伝いをしているのです。

Qどんな原因でどのような症状や病気の可能性がありますか?
A

心療内科で多く診る病気にはうつ病 、双極性障害(躁うつ病)や統合失調症、適応障害などがありますが、睡眠障害や食欲不振、過呼吸、脱毛、原因不明の腹痛や頭痛など、体に表れる症状は多種多様です。当院へのご相談では、仕事や学校へ行けない、電車に乗るのが怖い、自宅から出られないなど、社会的活動を行えなくなることがきっかけとなるケースが多くなっています。同じような症状を抱えている場合でも、その根底に潜む原因は人によって異なります。中には、発達障害や認知症などの病気に症状が起因しているケースも。症状を引き起こしている要因を慎重に探ることが、適切な治療を行うためには欠かせません。

Q周囲の人がつらそうなとき、どう受診を促せばよいでしょうか?
A

心療内科にはいまだネガティブなイメージをお持ちの方も多く、数ある診療科の中でも受診ハードルが高いのではないかと思います。そうしたイメージから受診を避けていらっしゃる方には、心療内科とは「安心して話せる場である」ことをぜひ伝えていただきたいと思います。悩みを抱えて誰かに相談したいと思っても、非難されて傷ついてしまったり、以降の人間関係に変化を来してしまったりと、安心して話せる場というものは意外に多くありません。ここでは、否定されたり非難されたりすることなく、安心して心の内を明かしていただけます。皆さんのつらさに寄り添い、一緒に解決策を探るのが心療内科です。ぜひ気軽にご相談いただければと思います。

検診・治療START!ステップで紹介します

1初診予約

初診は診療時間内に電話して予約をとる。同院では複数の医師が診療を担当していることもあり、だいたい1週間以内の予約を確保できるという。初めて受診では診察時間が長くなる場合があるので、診察時間を確保するためにも診察希望日があればできるだけ早めに連絡し、予約しておきたい。2回目以降の外来受診は、 院内のタッチパネルやウェブからも予約が可能となる。

2看護師またはカウンセラーによる問診

予約の当日に来院したら、診察に先駆けて看護師やカウンセラーによる問診を受ける。同院には、体や心の状態や生活習慣、これまでに経験してきたことなどを項目にした、長年の経験に基づいて開発された問診のフォーマットがあり、これに沿ってやりとりを繰り返すことで、診療に必要な情報を引き出せるようになっている。得られた情報はすぐにデータにして医師に共有され、その後の診療につなげる。

3医師の診察と検査

問診で得られた情報をもとに、担当医師がより丁寧なヒアリングを行い、症状とそれを引き起こしている原因を明らかにする。薬を処方するケースもあるが、同院の場合、薬を用いることなく診療を進めるケースもあるという。鉄分不足や亜鉛不足、糖分の過剰摂取など、栄養面でのアンバランスが精神的な症状に影響しているケースも考えられるため、栄養学的なアドバイスを行うこともある。

4希望者にはカウンセリングを実施

患者の希望がある場合は、カウンセリングを行っている。それぞれが抱えている心の問題をカウンセラーがさらに掘り下げ、生きづらさの根底にある思考パターンや人付き合いの癖などを変えるトレーニングを行う。同院では、カウンセリングを通して患者が自分自身の内面に向き合い、それを受け入れることで新たな自分自身を再構築し、根本的な解決へとつなげていく考えだ。

5通院の継続

治療は、2〜4週間に1度程度の診察とカウンセリングを継続して行う。通院は半年程度で終了する人もいれば、数十年にわたり通院を続けている人もおり、人によって期間はさまざま。社会的機能を回復し、症状を改善することはもちろん、自分らしく生きられるようになることが治療のゴール。同院では食事や運動などの生活習慣や瞑想、自律訓練法などの指導、自身を客観的に把握するための読書指導も行っている。

ドクターからのメッセージ

井出 広幸院長

心の病をネガティブに捉えてしまう方が多いようですが、現代社会では心に病気を抱えた人とそうでない人がいるのではなく、誰もが大なり小なり生きづらさを感じているもの。更年期では4人に3人がうつ状態であるという調査結果もあります。弱さや苦しさを持つことは、決して悪いことや恥ずべきことではありません。心の病をきっかけに心療内科を受診することで、内面的に大きな成長を遂げる方もたくさん見てきました。当院では専門のトレーニングを受け、スキルを持った医師とカウンセラーが、皆さんの心に寄り添いその深部に迫ります。受診を恥ずかしいことと思わず、前向きな気持ちを持って気軽にご来院ください。

Dr
Access