医療法人社団 はぎわら内科クリニック

医療法人社団 はぎわら内科クリニック

萩原 徹 院長

130920 df 1 main 1440640723

JR津田沼駅北口から徒歩3分、車道から少し奥に入った3階建てのビルの1階にある「はぎわら内科クリニック」。広々とした待合室には海の写真や熱帯魚のいる水槽が飾られ、リラックスできる雰囲気だ。院長の萩原徹先生の穏やかな人柄もあり、子どもから高齢者までさまざまな人々がかかりつけ医として相談に訪れる。また、早くから経鼻内視鏡検査やピロリ菌の除菌治療を行い、消化器・循環器・呼吸器などさまざまな検査にも対応しているため、何かあった時にも気軽に頼りにできるクリニックだ。近隣には医療機関も多く、「どの診療科に行けばいいのか」といった相談にも、的確な診断で対応してくれる。気取らず優しい口調でお話ししてくださる萩原院長に、経鼻内視鏡のメリットやピロリ菌除菌の必要性のほかプライベートなお話まで、いろいろとお聞かせいただいた。
(取材日2015年5月11日)

大人から子どもまで通える地域で信頼されるかかりつけ医

―開業なさるまでの経緯を教えてください。

父が産婦人科医で、私が3歳の頃から一昨年までこの建物の2階で開業していたんです。その姿を見て育ったので、幼い頃から漠然と自分も医師になるのかなという思いがありました。内科を選んだのは、広くいろんな病気を治したいと思ったからです。内科といっても色々な分野がありますが、大学病院に勤務していた時に、内視鏡に可能性を感じ、消化器グループで消化管、肝臓、胆のう、すい臓疾患などについて学びました。内視鏡の知識を生かしてできるだけ早く開業したいと考えていました。

―クリニックの特徴を教えてください。

内視鏡を中心とした診断、ピロリ菌の除菌治療などに力を入れていますが、地域のかかりつけ医として可能な限りさまざまなご相談に対応できるように努めています。「大きな病院では何科に行っていいかわからない」という方もいらっしゃいますし、街の開業医としては大病院への窓口という役割が重要だと思うんです。幸いこの辺りは総合病院が多いので、信頼している医療機関を紹介できますし、立地的にも千葉市も東京もご紹介できます。開業して10年以上経ちますといろいろなつながりありますので、そういう点で患者さんに喜んでいただいていることが多いですね。患者層は、父の代から通ってくださっている方がたくさんいらっしゃいますし、年齢層は様々です。当院は駅や繁華街にも近くにありますが、駐車スペースも10台確保しています。父が産婦人科をやっていた関係で、小児科の患者さんも多く、現在は近くの公立中学校などの校医もしています。妊婦さんが風邪をひかれた場合なども、できる範囲で診ています。当然のことながら使える薬は限られているので、いろいろとアドバイスをした上で必要最小限薬を出すようにしています。また、隣で弟が歯科をやっているので、両方通ってくださっている方もいらっしゃいます。

―院内の環境で工夫されていることはありますか?

内装は癒やしの空間をめざして、ソフトな色中心にしました。壁に飾っているのは、ダイビング仲間の写真家の作品です。南房総の写真が多いですね。熱帯魚の水槽は自分の趣味も入っていますが(笑)、待ち時間が長い時などに眺めていただけるんじゃないかと思います。子どもさん向けには、児童書などを置いています。また、床はバリアフリーで、トイレは広めにしてベビーベッドも設置し、車椅子の方も使用できるようにしています。さらに、内視鏡室ではリラックスして検査を受けていただくために、南の島の映像を流して配慮しています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細