医療法人 滝川いきいきクリニック

池内 克彦院長、池内 玲子先生

130420

気軽に何でも相談できるクリニックをめざして

―診療に東洋医学やトリガーポイント注射などさまざまな治療法を取り入れていますね。

【池内院長】慢性的な肩こりや首、腰の痛みは、マッサージやリハビリだけではなかなか治りません。こういった慢性痛をやわらげ、ほぐすきっかけになるのが、トリガーポイント注射です。トリガーポイント注射は、主に、痛みの診療科であるペインクリニックで行われる治療で、1度の注射で痛みがなくなったという患者さんもいらっしゃいます。痛みが軽くなったところで、よく動かし、ほぐすことが大切。自分の力でよくなることを説明しています。鍼灸やトリガーポイント注射もあくまでも診療のツールの一つ。血圧、採血、薬だけが治療ではないと考えているので、良いと思ったツールはどんどん活用しています。

―どんな医療をめざしていますか?

【池内院長】病気だけでなく、人間の全体をみる医療ですね。「頭や肩が痛くてあちこちの病院をまわったけど、よくならない」と言って来られる患者さんがいます。じゃあ、どこが悪いんだろうと検査するけど、なかなかわからない。そんなときには玲子先生にも相談するんですが、やはりじっくりと話を聞くことが必要になってきます。
【玲子先生】話をするうち、涙を流す患者さんもいて、カウンセリングに近いです。時間はかかるけれど、楽になってもらえればいいかなと思います。必要に応じて知り合いの精神科医を紹介し、その場で予約を取ることもあります。院長には、「以前に比べて随分、気が長くなって話をよく聞いてるね」って言っているんですよ(笑)。
【池内院長】プライベートなことも聞くことがあります。よくよく話を聞いてみると、環境だったりストレスだったりという痛みの原因が浮き上がってくるんです。

―最後に、医師としてうれしい瞬間についてと、読者へのメッセージをお願いします。

【池内院長】入口に投書箱を設置していますが、「ありがとう」とか「安心しました」とか感謝の言葉がほとんどで本当にうれしいです。患者さんが笑顔で帰るのが一番。笑うとNK細胞が活性化して長生きするという説がありますが、私はそれを信じています。落語の講座も作りたいくらいですよ(笑)。今後も気軽に何でも相談できるクリニックとして地域に根付いていきたいです。
【玲子先生】「どこへ行っていいかわらなくて、とりあえずここへ来たら方向性がみえてきたわ」と言っていただけることはうれしいですね。「痛くて歩けない」と言って来られた患者さんが、話をしただけで3分の1ぐらいよくなって、歩いて帰られたということもありました。医師として患者さんの気持ちを受け止めることも必要かなと思います。元気になってもらうために「こういうことに気を付けたらいいですよ」という提案もしていますので、気軽に相談に来てください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細