医療法人社団輝生会 初台リハビリテーション病院

菅原 英和院長

99999

渋谷区、目黒区、世田谷区にわたる広い範囲の回復期リハビリテーションを担う「初台リハビリテーション病院」。2002年6月に開設した5病棟173床を有する院内には、至るところに絵画や花が飾られており、「病院」を感じさせない華やかで明るい雰囲気を感じることができる。開設当初から、リハビリテーション病院として理想的なシステムを構築してきた同院。充実した検査体制と必要十分なマンパワー、医師や療法士、ソーシャルワーカーなど、それぞれの専門職を配置する病棟管理体制によるチームアプローチ、そしてベテラン専門職がスタッフの教育に専念する教育研修部の設置など、細部にわたる徹底したこだわりが患者の高い自宅復帰率を可能にしている。回復期だけでなく、生活期の支援にも力を入れており、退院前の家庭訪問や退院後の復職カンファレンスなど、まさに患者の「生きる」をサポートする病院だ。リハビリテーション科に長年携わり、真摯な姿勢でリハビリ医療に向き合う菅原英和院長。穏やかにわかりやすい言葉で話す菅原院長に、同院ならではの取り組みとシステム、地域連携、そして今後のさらなる展望を聞いた。
(取材日2017年7月11日)

先駆的な取り組みで理想的なリハビリ提供へ

―非常に先駆的な回復期リハビリテーション病院と伺っています。

当院の理念、役割は、急性期病院からなるべく早く患者さんを受け入れ、全身状態を安定させること。さらに集中的なリハビリケアの投入によって、ADL(Actives Daily Living:日常生活動作)とIADL(Instrumental Actives Daily Living:手段的日常生活動作)の向上をはかり、最終的には可能な限り自宅に戻り、社会復帰してより良い人生が送れるよう支援することをめざしています。これはリハビリ病院であれば当たり前のことだと思われるかもしれませんが、ひと昔前までは看護ケアやリハビリスタッフが足りないなどさまざまな理由で、重症患者さんを受けたくても受け入れられない、リハビリをなかなか軌道に乗せられない等、理想と現実に大きなギャップがありました。そのギャップを解消し、理念や理想を追求できるようにと、医療法人輝生会の石川誠理事長が2002年に開設しました。

―理想を実現するため、どのような取り組みを行っているのですか。

一つは十分なマンパワーを確保し、チームワークを強化することです。5つの病棟に医師、看護士、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーなど、必要十分な専門職を専従で配置しています。病棟専従体制により病棟ごとにチームが形成されるので、コミュニケーションが密になり、最終的に患者さんに対するサービスの質が向上すると考えています。チームワークをよくする仕掛けとして、職員間は皆「さん付け」で呼び合っていて、私も先生ではなく「菅原さん」と呼ばれています。医師も白衣は着ないで、全員が同じ制服を着ます。それによってチーム内の連携もできますし、患者さんに病人という意識ではなく、日常の心理状態を取り戻してもらう効果もあると思います。ただ単に人がたくさんいるということではなく、朝と夕方の食事やトイレ、着替えなど一番ケアが必要な時間帯と夜勤に対してしっかり人員配置ができる工夫もしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細