全国のドクター9,025人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月28日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横須賀市
  4. 横須賀中央駅
  5. 国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院
  6. 長堀 薫 病院長

長堀 薫 病院長の独自取材記事

横須賀共済病院

(横須賀市/横須賀中央駅)

最終更新日:2019/08/28

127857 %e6%a8%aa%e9%a0%88%e8%b3%80%e5%85%b1%e6%b8%88%e7%97%85%e9%99%a2

1906年からこの地で診療を続けてきた「横須賀共済病院」は、病床数742床、21の診療科を擁する大規模な総合病院へと発展し、地域医療の中核となって医療を提供している。横須賀市を含む4市1町からなる横須賀・三浦圏域の中で、「当院は高度急性期・急性期中心の医療を行い、回復期や慢性期を担う各医療機関、開業医の方とも連携して、地域全体で十分な医療が提供できる体制をめざしています」とその役割を語る長堀薫病院長。このため同院では医療支援ロボットの導入、重症入院患者向けのICU開設など、急性期医療を充実させる取り組みを積極的に進めている。加えて長堀病院長は「規模や多様性で選ばれるだけでなく、『この病院があって安心』と思われるような信頼関係を地域の皆さんと築いていきたい」という。そうした思いを込めて、2017年度から新たな理念「よかった。この病院で」を掲げ、さらなる魅力を求める同院の現状と将来像を詳しく聞いた。
(取材日2017年12月5日)

三浦半島の高度急性期・急性期医療を担う

こちらの病院の特色、地域における役割を教えてください。

1

当院は生命を左右するような重症の方や一刻を争う治療が必要な救急患者さんを診る、高度急性期・急性期医療中心の総合病院です。これは病状が落ち着いたら回復期や慢性期を担う医療機関が診療し、ご自宅や施設での療養へと移行する、「病態に応じた適切な医療を提供するシステム」の一翼を担うものです。こうした連携のために2017年時点では当院を含む8病院が患者さんの受け入れや医師の派遣などで協約を結び、地域全体で医療を充実させる体制作りを進めています。このような協力のもと、当院では高度急性期・急性期医療の充実を図り、一時縮小した小児科の再開、心臓血管外科のスタッフ増員、精神科の入院病棟開設を行ってきました。がん治療などの手術の精度を高める目的で手術支援ロボットも導入し、また救命救急センターが持つ集中治療室に加え、入院患者さん向けのICUも10床開設しています。

アライアンス以外では、どのように地域と連携されていますか?

2

当院は「地域医療支援病院」でもあり、当院に登録いただいた地域の医療機関は400を超えました。そうしたかかりつけ医の皆さんから患者さんをご紹介いただき、必要な治療を終えたら、ご本人やご家族の希望も踏まえて各医療機関を逆紹介する連携を基本としています。その窓口となるのが地域連携部門で、地域連携室がご紹介を受け、病床管理室や退院支援室、医療福祉室と協力し、PFM(Patient Flow Management)により入院から退院まで一貫して支援し、退院後の生活に必要なサポートもご提案します。また地域連携クリニカルパスを用意し、当院でがん治療を受けた患者さんについては、地域の医療機関でパスをもとに診療計画や治療経過を共有していただき、切れ目のないがん診療を継続する環境を整えました。このほか登録された医師の皆さんを招いた地域連携懇親会を開き、互いに顔の見える連携にしていく機会としています。

それではこちらのがん診療の強みをお聞かせください。

3

地域におけるがん診療・教育の中核的役割を担う「地域がん診療連携拠点病院」に指定されており、2014年度のDPCデータでは、当院の悪性腫瘍入院患者数はほぼ大学病院平均値なみの4000人となっています。疾患別でも大腸がんや前立腺がん、肺がんなどの治療数は全国でも特に多く、ハイボリュームセンターとなっている点も強みといえるでしょう。各領域で専門性を持った経験豊富な医師やスタッフがそろい、設備面でも手術支援ロボットのほか外来化学療法室、放射線治療室(リニアック)と充実しています。また患者さんやご家族に対しては、がんに関する悩みや不安に看護師・医療ソーシャルワーカーが応える「がん相談支援センター」、専門の看護師が相談を受ける「がん看護相談窓口」などを開設し、神奈川県・キャンサーネットジャパンと共同でがんピアサポートも行っています。

救急医療も診療の大きな柱の一つと伺ったのですが?

4

高度急性期・急性期の充実に救急医療は欠かせません。また三方を海に囲まれた三浦半島にあるため隣接する地域への救急搬送は困難で、当院が救急医療に果たす役割は重要です。15年前は救急を全応需できていませんでしたので、院内の体制を整備して救急の「最後の砦」としての当院の意義を職員に自覚してもらうように徹底しました。近くのうわまち病院も受け入れが十分であり、ほぼ地域で救急患者さんは治療を完遂されています。これは神奈川県内でも高い割合ではないかと思います。当院の救命救急センターでは救急患者の初期治療に精通した医師やスタッフが救急開胸、大動脈バルーンパンピングなど必要な措置を行い、各診療科の医師とも協力して、緊急手術や緊急カテーテル治療、動脈塞栓術を行う体制を整えています。

2017年度から新たな病院理念を掲げられたのはなぜですか?

5

これまでの「医は意なり」は「患者さんのこころを理解することこそ医療である」という医療者の基本的な心構えを述べており大切な理念です。しかし、よりわかりやすく伝えたいと考えました。不安や悲しみ、痛みなど辛い思いも抱えざるをえない患者さんやご家族だけでなく、当院職員にとっても大切な病院でありたいという願いを表現するため、新たな理念を全職員から募集したのです。新理念の「よかった。この病院で」どおり、患者さんや職員はもとより、ご紹介いただく開業医や病院の方々、当院に関わるすべての人にそう感じていただきたいと願っています。そして規模や診療内容で選ばれるだけでなく、三浦半島に暮らす皆さんが誇りに思えるような病院、安心していただける病院をめざしたいのです。さらに後進を育成する教育施設としての責務があり、当院で初期臨床研修、後期臨床研修を受けて良かったと思われる病院でもありたいと思っています。

Access