セイコー歯科クリニック

セイコー歯科クリニック

齋藤弘保院長

頼れるドクター

医療トピックス

安全な手術のためには何が必要?
インプラント手術の鍵はCT検査

セイコー歯科クリニック

127751 mt 1 title 1453281795

顎の骨に人工歯根を埋め込んで人工の歯をかぶせるインプラント治療が注目を集めて久しい。早ければ30分ほどで終わるとはいえ、手術は手術。歯科医師任せにせず、不安や疑問点は解消してから受けたい。では、どのような点を押さえておけばいいのだろうか。事前の歯科用CT検査とシミュレーションが、安全なインプラント手術の第一歩となるという「セイコー歯科クリニック」の山本正浩先生に、詳しく聞いた。(取材日2015年12月17日)

安全なインプラント手術を行うためには、手術前のCT検査で神経や血管の位置、骨の幅などの詳細把握が重要

インプラント治療のメリットとデメリットを教えてください。

127751 mt 1 q1 1453281795 ▲数多くのインプラント治療を行ってきた山本理事長 インプラント治療とは、歯がない部分の歯肉を開き、骨に穴を開けてチタン製のねじのような人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法で、手術が必要です。メリットは、健康な歯を削らずに治療できること。例えばブリッジでは、失った歯の左右にある健康な歯を削ったり無理な力をかけたりする場合がありますが、インプラント治療ではその必要がありません。また違和感がほぼなく、自然な歯に極めて近い噛み心地で食事をすることができます。食事の際にストレスがないのは、QOL(生活の質)の面でも大きなメリットでしょう。デメリットは、費用がかかること。埋込費用は1本20万円からです。

どんな人にお勧めしますか? そもそも骨がない場合は無理ですか?

127751 mt 1 q2 1453281795 ▲最適な治療について一緒に考えてくれる 特に、取り外し式の入れ歯を使用している人にはお勧めです。着脱の煩わしさがないからです。高血圧や糖尿病、動脈硬化といった全身疾患をお持ちの方も、血圧や血糖値、SpO2のコントロールや薬に配慮すればインプラント治療が可能です。当院では検査段階から内科の担当医と連携し、心臓疾患や心筋梗塞を治癒した方にも安全な治療を行ってきました。また、骨がない場合は、PRP(血小板治療)という方法で、本人から採取した血液により骨の再生を試みることができます。インプラント手術と同時にPRP治療も可能。費用は3万8000円からです。ただ、骨粗しょう症の方はインプラントによるリスクが高いので、十分に相談させていただきます。

手術前には、どのような検査を行いますか?

127751 mt 1 q3 1453281795 ▲安全な手術を行うために必要な検査 パノラマX線検査でおおまかな顎の状態を診査し、さらには歯科用CT撮影を行いシミュレーションソフトを用いて詳細な診断を行います。CT検査では、骨の下にある血管や神経の位置、骨の厚みや高さ、上顎洞までの骨の厚みなどを確認します。インプラントを埋め込む骨の幅は、少なくともインプラントのねじの直径分の厚みが必要です。埋め込むねじは、神経の位置に達しないように埋め込む必要があります。骨の幅や神経の位置をCT検査で事前に確認して埋め込むシミュレーションを行えば、安全で的確な位置にねじを埋め込むことが可能になるわけです。このように、安全なインプラント手術を行う上では、歯科用CT検査は不可欠なのです。

手術後のメンテナンスや注意事項はありますか?

127751 mt 1 q4 1453281795 ▲メンテナンスは自宅とクリニックの両方で 手術当日は安静に過ごし、仕事などは控えたほうがいいでしょう。手術当日から食事は可能です。術後の通院は、通常1週間後に抜糸を行い、3か月後にインプラントと顎の骨が結合しているのを確認し、人工歯を装着して治療が終了します。問題がなければ、その後は3ヵ月に1回、インプラントの周りや歯と歯茎の境目に付着した歯石を除去するメンテナンスを行います。インプラントに傷が付くと細菌沈着の原因となるため、除去の際は先がゴム製やシリコン製の機器を使用してメンテナスを行います。もちろん、ご自身による歯磨きや歯間ブラシを使った毎日の手入れは重要です。当院は保証機関の「インプラント10年間保証」を受けることができるクリニックではありますが、自宅とクリニックでのメンテナンスは怠らないようにしましょう。

クリニック選びのポイントを教えてください。

127751 mt 1 q5 1453281795 ▲「些細なことを相談できるのもクリニック選びでは重要」と山本理事長 エビデンス(検査結果)に基づいた治療をするクリニックを選ぶことをお勧めします。勘に任せたり「インプラント経験○年」と言ったりするのがエビデンスではありません。科学的根拠に基づいたこと、つまりCT検査で口腔内の状態をしっかり確認することが必要不可欠です。さらに、治療の方針や流れをきちんと説明してくれるかどうか、また患者さんの不安や些細な疑問に、一つ一つ答えてくれるかも大切です。例えば、インプラント手術後に骨が減ることがありますが、それは他の歯でも同じこと。加齢とともに骨はもろくなるのです。歯科医師にとっては当たり前のことに対しても、優しく対応し、納得する答えをくれるクリニックを見つけてください。

ドクターからのメッセージ

山本正浩理事長

インプラント治療を検討する患者さんは「痛む?」「腫れる?」「骨を取って大丈夫?」と不安を訴えることが多いのですが、私は、実際インプラント手術を受けた後の患者さんから後悔の声を聞いたことがありません。それは、当院が歯科用CT検査を重視し、安全で的確な手術を行ってきたからだと思います。また、手術中の痛みや不安を軽減するため、静脈内鎮静法という、寝ている時のようにリラックスした状態で手術を受けられるようにしています。麻酔は、長年信頼を寄せている専門の麻酔医が行うので安心してください。歯を削らずに行えるインプラント治療は、患者さんにとってのメリットが大きいと思います。興味でも不安でも、まずはご相談ください。

記事更新日:2016/02/01
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細