全国のドクター8,482人の想いを取材
クリニック・病院 161,435件の情報を掲載(2019年10月19日現在)


求人情報ON
医療法人 佐々木歯科医院

医療法人 佐々木歯科医院

佐々木光諒理事長
頼れるドクター掲載中

医療トピックス

歯に機能美を与える審美歯科
歯科選びのポイントと注意点は?

医療法人 佐々木歯科医院

自由診療

4

「歯をきれいに見せたい」「真っ白で輝く歯にしたい」など、最近、審美歯科への関心が高まっている。そのニーズに応えようと多彩なメニューを掲げて幅広く対応する歯科医院もある。そんな風潮に「見た目だけに注目して、きれいにするだけでは将来が心配です」と警鐘を鳴らすのは、「佐々木歯科医院」の佐々木光諒理事長。外見的な美しさだけではなく、その歯が長期的な健康と機能性を兼ね備えることを最大の目標に、インプラント、審美歯科とも専任の担当ドクターにし、安心して受けられる精密で高レベルな歯科医療の提供に努めている。今回は、審美歯科の考え方や信頼できるクリニックの特徴、患者が気をつけるべきポイントなどにスポットを当て、同院での取り組みをじっくり聞いてきた。 (取材日2018年3月13日)

長期的に機能する歯をめざせば、歯はおのずと美しくなる

審美歯科とは、どのようなことをするのですか?

1 ▲レベルの高い治療を提供し続けたいと話す佐々木光諒理事長 一般的な観点でいえば審美修復がありますが、当院ではどのような治療であっても、きれいに仕上げるのをめざしていますので、すべての歯科治療が審美歯科に結びついていると言えると思います。何をするにしても、まず肝心なのは口の中の環境が整っていることで、歯茎が腫れた状態のままでは正しい型採りすらできません。また、保険診療と自費診療の違いですが、見た目だけの違いだけではなく精密さや先端の材料や技術をふんだんに使用できることで歯の寿命や全身の健康にまで影響します。技術力の高い自費診療を行うクリニックなら保険診療であっても技術力は高いですし、保険内であっても十分な治療が受けられる確率が高いでしょう。

こちらで診療をする際に重視していることを教えてください。

22 ▲どんな治療でもカウンセリングや説明を丁寧に行う 倍数の高いスコープなどを使い、とにかく精密な治療を行っていくことです。審美だからと見た目のきれいさを求めるだけでなく、きちんと噛める機能を両立させなくてはなりません。噛める機能を両立させるために精密な治療を行えば、仕上がりもきれいになっていきます。見た目がきれいに仕上がっていても、歯茎が腫れたり出血したりする場合があるので、歯科選びは重要ですね。また当院では、補綴物は専門の技工所に外注して作ってもらっています。日本の歯科技工士さんは素晴らしい技術を持っていますが、それを生かすためには綿密な打ち合わせが必要です。歯科医師のディレクション能力も仕上がりや精度に大きく関わってくると思っています。

一つ一つの工程での綿密さや技術力が大切なのですね。

33 ▲小さな変化も見逃さない技術 患者さんにはわかりにくいかもしれませんが、同じ材料を使っていても、型の採り方や削り方、根っこの治療の精度など、一つ一つが積み重なってトータルすると仕上がりに違いが出てきます。外見的にはきれいに見えても、レントゲンを撮ったり歯茎の状態を観察してみると違いがわかることもあります。一つの指標として、治療のプロセスを写真に撮り、それを見せながら説明してくれる先生がいいかもしれませんね。家の施工でも車の修理でも、そのステップごとに写真に残してくれる業者さんがいますよね。治療した5年後、10年後にどれだけきれいに保てているかも重要ですから、毎年写真を撮って、状態の変化をチェックしていくこともお勧めします。

こちらでは、ホワイトニングにも力を入れていると伺いました。

44 ▲女性に人気があるホワイトニング 当院では現在、クリニックで行うオフィスホワイトニングと、患者さんがご自宅で行えるホームホワイトニングを提供しています。ホワイトニングといっても、白さに関してはある程度まで調節できますが、コピー用紙のような真っ白にはなりません。どこまで白くするかがご自身ではだんだん判断できなくなっていきますから、ホワイトニングの過程を段階的に写真に撮って見てもらうようにしています。また、まれに口内環境がかなり悪いのにホワイトニングを希望される方がいらっしゃいますが、そもそも虫歯を治さないことには何もできませんから、そこはご理解いただきたいと思います。

やはり定期的なメンテナンスも重要なのでしょうか?

5 ▲広々としたスペースでメンテナンスを受けられる ご自分の歯を長持ちさせていくためには、どんな歯科治療の後でも、定期的なメンテナンスは必要です。ご自身でできるメンテナンスはブラッシングとなりますので、数ヵ月に1度、歯科衛生士さんのメンテナンスを受けてもらうことが必要です。そこで患者さんと一番密に接するのは歯科衛生士ですから、衛生士の知識や技術などが重要です。当院では定期的に勉強会を開いて知識や技術向上に努め、患者さんと衛生士、医師とが三位一体で取り組めるように心がけています。口の中の状態は毎日変化し細胞も入れ変わっていきます。今日の自分は昨日の自分とは違いますから、調子が良いと感じていても、定期的にメンテナンスを続けていただければと思います。

ドクターからのメッセージ

佐々木光諒理事長

当院では「歯をきちんと治療すれば、それが審美につながる」という考え方で、保険診療でも自費診療でもレベルの高い診療をめざしています。人前で自由に笑えて、ご飯がおいしく食べられる、長期的に機能する歯の実現を目的に日々努力を重ねています。当院で治療をした70代のおばあさんですが、お孫さんにスマートフォンで写真を撮られ、「最近はすごく笑顔が多いね」と言われたそうです。また、長年マスクで顔を隠していた女性が治療を終え、鏡を見て感泣されたこともありました。こうして皆さんの生活の中に本来の美しさが戻っていけば、それが私たちにとっても喜びであり、最大のやりがいですから、どうぞ気軽に相談いただければと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細