ミロデンタルクリニック

ミロデンタルクリニック

宮川 雄志院長

頼れるドクター

12606

青葉台駅からバスで2つ目の停留所「公園前」で下車すると、緑豊かな桜台公園が広がる。その外周に位置する「ミロデンタルクリニック」の診察室は、大きな窓から春は桜、秋は紅葉が望める特等席。治療に対する不安を和らげたいという宮川雄志院長の心遣いだろうか。そのこだわりは診療にも表れている。保険内外に関わらず、すべての治療に歯科用マイクロスコープを採用し、精密性を追求。さらに1人の患者を診るのにかける時間は、およそ1時間というから驚きだ。そんな宮川院長の熱心さと技術力の高さに評判が集まる同院は、今年で開業10年という節目を迎える。そこで宮川院長を取材し、あらためて歯科診療への思いを聞いた。
(取材日2016年6月24日)

1人の患者、1度の治療とじっくり向き合ってきた

―開業から丸10年がたちましたが、日々の診療に変化はありましたか?

近所の方、特に30~50、60代の主婦を中心に、青葉区全域、都内からも、当院を頼りにはるばる来てくださる方がけっこういらっしゃいます。そしてこの10年の間に皆さん長く通っていただき、一通り治療を終えてメンテナンスのフェーズに入る方が増えてきました。そういった面で時間的な余裕ができてきたので、現在は既に他院にかかっている患者さんのご相談にも積極的に乗っています。いわゆるセカンドオピニオンですね。これまで以上にじっくりと患者さんの話を聞き、当院でならどんな治療が可能か、どんなふうに解決できるかをご提示できる体制が整ってきました。

―セカンドオピニオンではどのような相談が多いのですか?

患者さんの不満というのは、必ずしも治療の善し悪しにあるのではありません。セカンドオピニオンで来られる患者さんからは、「自分が何の治療をされているのかわからなかった」「説明がなくて不信感を抱いた」といった声のほうが、実際よく耳にします。例えば、他院で抜歯が必要だと言われたとして、当院で診ても同じ診断をくだすことだってあるでしょう。違うのは、ご本人の納得がいく説明があったかどうか。そこで当院では、マイクロスコープで撮影した写真をお見せしながら、現在の状態や治療の選択肢について具体的にご説明することで、信頼感につなげています。その結果、セカンドオピニオンで当院にいらした方が、説明を受けただけで納得して、治療を受けずにお帰りになるということもしばしばあるんですよ。

―それで診察にはたっぷりと時間を取っているんですね。

現在は1日に10人前後の患者さんを診るペースで、1人あたり30分から1時間ほどかけています。患者さんとじっくりと向き合いたいので、開業当時からこの方針でやってきました。それに当院では保険の適用有無に関わらず、すべての検査・治療にマイクロスコープを採用しているのですが、100%使いこなすには集中力が問われて、ある程度の時間が必要なんです。それでも治療は予約時間のとおりに始めて、予定どおりに終えるよう徹底していますので、患者さんを余計にお待たせすることはありません。診察の予約は24時間インターネットで受け付けていて、皆さんから便利だと好評ですね。

記事更新日:2016/11/21

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細