とみた矯正歯科クリニック

とみた矯正歯科クリニック

富田陽一 院長

12605 df 1 main 1440490033

歯並びを良くすることが将来の健康にもつながる

―診療理念についてお聞かせください。

多くの人が生涯を自分の歯でしっかり噛んで食べたい、できるだけ入れ歯を使いたくないと思っているでしょう。私はご高齢の方の歯もたくさん診てきましたが、やはり歯並びのいい人は歯が長持ちしています。基本的な噛み合わせがしっかりしている人は、口腔内の健康はもちろん、体も丈夫で元気にしている人が多いように思います。お口の中を一軒の家だと思ってください。家のどこかが破損してしまえば、リフォームでよくすることは可能です。しかし家全体が壊れてしまったらどうすることもできません。そうならないためにも、今のうちから歯並びや噛み合わせを改善し、予防歯科に努めることで、できるだけ長く維持することができます。小さい頃から将来を見据えて歯並びを良くしていくことで、健康面においても良い影響を与えると考えています。矯正治療は、永久歯が揃う中学生くらいまで待って、歯を直接動かして歯並びを治す方法が一般的でした。しかし、矯正後に元に戻ってしまうケースもあり、歯並びが悪くなってしまった原因を根本から取り除き改善することが必要だと感じていました。そのためにMRCシステムを導入したんです。

―根本的な改善をすると悪い歯並びにはもどらないということでしょうか?

トレイナーを使用するMRCシステムは歯に直接力をかけて動かす治療ではないため、悪い歯並びに戻ってしまうということは希です。抜歯治療も減らせますし、何より口呼吸などの機能的な問題を改善し、正常な発育を促すことができます。歯並びが悪い子は何かしらの問題を抱えており、原因があるからこそ悪くなってしまっているのです。会話をしていない時に少しでも口が開いているお子さんは口呼吸をしている可能性が高いです。その場合、喉や鼻に健康的な問題を抱えているケースが多く、正しい呼吸ができるようになると負担も減ります。歯並びはすべて遺伝によるものではありません。顎の骨格などはご両親から受け継いだものですが、保護者の方の歯並びがそのままお子さんに引き継がれるわけでは決してないのです。

―お子さんの歯並びに悩んでいる保護者や読者にメッセージをお願いします。

このMRCシステムができる前から、歯並びを根本から改善するための訓練指導を行ってきました。しかし小さな子どもに口で説明するだけでは、舌を正しい位置に戻すのは非常に困難なことでした。このトレイナーを用いたシステムができたことで、装着するだけで舌が本来あるべき位置に矯正されるため、訓練を受けるために定期的に来院してもらう必要もなくなりました。もちろん自宅で毎日訓練することは必要ですし、さまざまな原因を抱えている子ほど苦しい治療になります。子どもですから、すぐに投げ出したくなってしまう子もいるでしょう。そんなときこそ、お母さんやお父さんのサポートが重要になります。歯を直接動かすのではなく、悪い歯並びの原因となってしまっている口腔内の癖を治すことで、良い歯並びへと導くことができるのです。乳歯の段階でも歯並びやお口の中のことで不安に感じることがあれば、矯正歯科医を受診してください。お子さんの歯を守り、より良い状態にしてあげることが将来の健康にもつながりますよ。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細