医療法人メディエフ 寺嶋歯科医院

寺嶋 宏曜院長

125933 %e5%af%ba%e5%b6%8b%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

病気を克服しようという意志が大切

―歯科医師になった経緯を教えてください。

幼少期から父の背中を見て育ち、細かいことや、手を動かすことが好きな子どもでした。大阪大学歯学部を卒業後、大学院に進学し、再生治療の基礎研究に従事させていただきました。歯科医療は、単なる技術職ではなく、科学的な面も非常に重要です。大学院での研究生活も現在の私の診療ポリシーに大きく影響しています。大学院卒業後、父から医院を継承しました。意見をぶつけ合うことがよくあった父には、今となっては「自分をはるかに超えたな」と言ってくれています。父の代からの患者さんも医療の進歩を喜ばれ、ほとんどの方がそのまま通い続けてくださっております。スムーズに医院を継承できたことは、親孝行になったのではないかと思っています。

―院外でも後進の育成に取り組んでいるそうですね。

現在、箕面市歯科医師会、多数の研究会やスタディーグループで理事を務めさせていただいてます。また、大阪大学歯学部での講義や、プライベートのインプラント治療や顕微鏡治療の講義を開き、後進の育成に力を注いでいます。松野副院長も、摂食嚥下分野、在宅医療に関して、歯科医師だけでなく、他職種に対しても講義を行うなど、幅広く活動しております。われわれがこのような外部での活動を行うことができるのは、過去から今までのスタッフの力、そして父が基盤をつくってくれていたこと、大阪大学で学べたことが大きいですね。その恩を返す意味でも、1人でも多くの優秀な歯科医師を育成し、輩出していくことが使命だとも思っております。

―最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

歯科に限らず、患者さん自身に治したいという気持ちがなければ病気は治りません。病気を克服するために、本気で挑んでほしいというのが私たちの正直な願いです。また、それに見合うだけの熱意のある歯科医院を選んでほしいと思います。現在の当院のスタイルは、患者さんの要望に対して一つずつコツコツと応えていった結果、自然に完成したものであります。だからこそさまざまなニーズにお応えできております。今後も引き続き、新しい医療とハイレベルな医療を提供できるように、そして患者様に寄り添っていけるようスタッフ一同取り組んでまいります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細