中西歯科医院

中西歯科医院

中西 徹院長

頼れるドクター

125859 %e4%b8%ad%e8%a5%bf%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

「上をめざそう」地域の歯科診療向上にも取り組む

―歯科医院が苦手だった先生が、なぜ歯科医師になったのですか。

私は昔から身体全般に関する学問が非常に好きでしたし、父が内科の医師でしたので、もちろん医学部へ行くつもりでした。しかし私は体がやや弱かったので、父からは、当時は診療時間が短めだった歯科医師を勧められたのです。正直なところショックでしたし、実家から離れて歯学部へ進学した当初はふてくされてもいました。しかし、1人暮らしを始めると親のありがたみ、父の愛情がわかりました。また学部の講義で、口は全身の健康に関わることや、医科も歯科も身体を治療するという目標は同じであることを学び、前向きに歯科医師をめざせるようになったのです。専門としている歯周病も、最近では全身疾患との関連が知られていますので、やりがいを感じていますね。

―何事にも前向きに取り組まれる先生ですが、その原動力を教えてください。

私は若い頃からどんなことも比較的器用にできてしまうほうでした。しかし、あるときたいへんな勉強家であった医局の先生に「中西君、同じやるなら上をめざそう」と言われ、現状に満足している自分に気づいて、大きな衝撃を受けたのです。それからも、私が努力を忘れる時期には、ありがたいことに刺激を与えてくれる方々と出会いがありました。開業して何十年たっても朝食をとりながら論文に目を通す先生、大阪歯科医師会の集まりで治療法について熱く議論を交わす年上の先生方、また最近ではスポーツの世界で結果を出す若い選手の姿にも心を動かされました。学ぶ、努力する姿勢はこれからも保ち続けたいですし、若い先生にも伝えていきたいと思っています。

―最後に、今後の展望をお聞かせください。

現在、摂津市歯科医師会に所属しています。近年、歯科領域全体が低迷しているように感じられますが、若い先生方が将来に夢を持てるような場を設けるのは年長者の責任ですし、それが歯科全体のレベルアップにつながり、ひいては患者さんにフィードバックできると考えています。幸いにも摂津市歯科医師会は医師会や薬剤師会といった多職種との交流がありますし、また高槻、茨木、吹田、摂津の歯科医師会は以前から深いつながりがあります。このような関係のなかで、新たな魅力ある取り組みができればと考えています。同時に当院としては、いずれ規模を拡大して新たな機器を導入し、高いレベルの診療を患者さんに提供したいですね。また、さらに必要性が高まるであろう訪問診療にもより積極的に取り組み、多職種とも連携して介護、認知症に対応できるような診療体系を整えていきたいと考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細