用賀皮膚科

用賀皮膚科

白井 洋司院長、白井 儀子事務長

12500 %e7%94%a8%e8%b3%80%e7%9a%ae%e3%83%95%e7%a7%91

2020年には新体制での診療を開始予定

―とても明るい笑顔が印象的な事務長。元気をもらえるという患者さんも多いのでは?

【儀子事務長】患者さんは病気を抱えて来られるのだから、少しでも明るい気持ちになってもらえるように、笑顔で丁寧に声かけすることを心がけていますね。これはスタッフにも、いつも伝えています。誰だって、優しくされるとうれしいじゃないですか? 「寄り添う」ってそういうことだと私は思うんです。

―院長にお聞きします。なぜ医師という職業を選ばれたのですか?

【白井院長】私が大学受験の時、コンピューターを使った医療の本があり、それを読んで、医療の世界もおもしろいかなと思ったことが医師をめざしたきっかけです。医学部は理科系の学部ですが、入ってみると暗記することが非常に多く、意外と文系な感じでした。形成外科を選んだのは、先輩に誘われたからなのですが、当時はまだ人数が少なくて、手術もたくさんできたので、とても勉強になりました。学生時代、私はジャズのビッグバンドに所属していて、それはもう楽しかったですね。音楽は今でも趣味の一つとして楽しんでいます。

―息子さんである白井浩平先生も、非常勤で診療なさっていますね。

【儀子事務長】浩平先生は現在、月曜日と第2・4土曜日のみ当院で診療を担当しており、ほかの曜日は大学病院の皮膚科に勤めています。ですが2020年4月から、当院は浩平先生が主体となって診療を行う予定です。それもあって、今年、院内をリニューアルしたんです。皆さんに気持ち良く過ごしていただけるよう、白を基調にした、ホテルのフロント風のスタイリッシュな内装にしました。また、娘が形成外科の医師なので、ゆくゆくは一緒に当院で診療してもらえればと思っています。

―最後に、読者へのメッセージをお願いします。

【白井院長】お肌に関してお悩みの方がたくさんいらっしゃるのに、その悩みを解消できる医療機関をうまく見つけられないことがあると思います。多くのお悩みを持つ方に、当院について知っていただければうれしいですね。当院は、アトピー性皮膚炎やニキビといった皮膚疾患の診療のほか、イボ・ほくろ・うおのめの処置、水虫の治療、切り傷に対する小手術、巻き爪の処置など、幅広く対応しています。患者さんそれぞれのニーズにきめ細かく応えられるようなクリニックをめざして、さまざまな工夫をしていますので、ぜひお気軽にご来院ください。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

ピアス穴開け/処置・処方薬等5000円~6000円



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細