求人情報ON
平山歯科医院

平山歯科医院

平山順邦院長
頼れるドクター掲載中

医療トピックス

短期間で治療を行う
セラミックを用いたCAD/CAM冠システム

平山歯科医院

自由診療

1

審美性や耐久性に特化したセラミック素材を用いた歯のかぶせ物治療への注目は年々高まっている。セラミックを用いることで保険診療とはならないため費用の心配や、治療期間がハードルになりがちだが、CAD/CAM冠のコンピューターシステムを採用すれば、それらの問題を払拭できる可能性があるのだそう。さらに「平山歯科医院」の平山順邦院長は完成したかぶせ物に丁寧な調整を加えることで、より精度の高いかぶせ物の作製をめざす。CAD/CAM冠システムによるかぶせ物作製のメリットやセラミックの特徴、歯科医師による調整の重要性について詳しく語ってもらった。 (取材日2019年4月19日)

「時間がかかる、金額が高い」イメージを払拭する、コンピューターシステムを用いたかぶせ物治療

CAD/CAM冠システムを用いた治療法とはどんなものですか?

1 ▲患者により満足度の高い状態で提供するように努めている同院 まずは患者さんの口内を撮影した3次元画像をコンピューターに取りこみ、患者さんの歯の形をコンピューター上に再現し、それを調整しながらかぶせ物のデータを設計していきます。完成したデータをミリングマシンと呼ばれる機器に送信すると、機器がデータに合わせて歯科用材料を削り出し、かぶせ物が作製されるというシステムです。使用する歯科用材料には保険適用外となるセラミックや保険適用のレジンなどがありますが、当院では耐久性・審美性ともに特化している、セラミックの使用を推奨しています。

CAD/CAM冠システムによりかぶせ物を作製するメリットは?

2 ▲メリットを知ってもらった上で判断してほしいと話す平山院長 技工所に依頼してかぶせ物を作るケースと比較して、コストが抑えられることが大きなメリットだといえるでしょう。CAD/CAM冠システムを用いずに作製する場合は、歯科技工士の費用などが大きくかかる可能性があります。またコンピューターを用いた場合はクリニックとは別の場所にある技工所に依頼する必要がない分、短い期間で治療できることもメリットの1つになります。通常、かぶせ物の作製には一週間程度必要ですが、CAD/CAM冠を使用する場合は、通常より短期間での完成が見込めます。

セラミックを使用したかぶせ物の特徴を教えてください。

3 ▲通常完成期間より短期間で作製できることも魅力 セラミックのかぶせ物には割れにくい、変色しにくいという特徴があります。また、表がつややかで審美性にも優れて歯垢がつきにくく、耐久性の面でも長持ちしやすいといわれています。費用面を気にしてセラミックを使った治療を躊躇していた方もいらっしゃると思いますが、そんな方には比較的費用を抑えて実施できるCAD/CAM冠を使用したかぶせ物の作製をお勧めします。

CAD/CAM冠システムでかぶせ物を作る際のこだわりは?

4 ▲こまやかな調整を行い、その人に合った状態にしてあげたいと話す CAD/CAM冠システムにより作られたかぶせ物は、削り出した後に歯科医師が微調整を行うことで、より精度の高いかぶせ物となるようにしていきます。当院ではシステムにより削り出したかぶせ物を丁寧に研磨して、患者さんの歯に最も適した形に整えてから提供させていただくように努めています。機械で削ったままでは微妙なずれが生じることがあり、それがかぶせ物の破損や劣化につながる可能性もあるからです。もちろんコンピューターにデータを入力する際にも、患者さんの歯ぎしり癖や噛み合わせ状態などを考慮した上で調整を行います。

料金の目安

CAD/CAM冠システムを用いたセラミックのかぶせ物/1本あたり3万5000円~(部位によって異なる)

ドクターからのメッセージ

平山順邦院長

CAD/CAM冠コンピューターシステムを用いてかぶせ物治療をすることで、従来の製作期間よりも比較的短い期間で進めていけるようになりました。そしてそこに歯科医師のセンスや技術を加えることで、より精度にこだわったかぶせ物となるようにしていくのです。かぶせ物を作製する際には、機器の性能だけでなく、歯科医師の経験も重要といえるかもしれません。CAD/CAM冠システムのような新しい治療法の存在やメリットを患者さんにお伝えして、患者さんの選択肢を増やしていくことが、われわれのような地域のかかりつけ歯科医師の役割だと思っています。セラミック治療の費用を気になさって躊躇していた方も、ぜひご相談ください。

Access