徳永整形外科

徳永整形外科

徳永 祐二院長

頼れるドクター

12422 df 1 main 1254703303

治療には信頼関係が不可欠

―診療の際にはどのようなことを心がけていますか。

治療は医師が行いますが、患者さんのご協力も必要です。患者さんとの信頼関係がなくてはなりません。週1回の来院でも、患者さんは毎日、痛みと向き合っている。信頼関係がなければ、私の治療もアドバイスも信じられないまま、毎日を過ごすことになりますよね。私がいなくても、完治をめざして治療に励んでいただくためにも、信頼関係は絶対に必要です。同じゴールを見据えて一緒に歩む関係を築けるよう心がけています。治療が長期間に及ぶと、患者さんもゴールを見失い諦めてしまうので、クリアしやすいハードルを設定することも大切です。次の目標を持てるように私から働きかけます。例えば、膝が痛くて外出が困難な患者さんですと最初は近所まで買い物に行くのをめざします。できるようになったら日帰り旅行に行けるように、それができたら海外旅行もいいですねと、具体的に目標を思い描いていただき、治療に前向きに取り組めるようお手伝いしています。

―具体的な目標があれば、前向きに治療ができそうですね。

どなたでも治ったらあれがしたい、これがしたいというのは必ずあるはずです。それを引き出すことがとても大切です。ドクターによっては、海外旅行なんてとんでもないとおっしゃるかもしれないし、教科書どおりにいけば家の中で大人しくしていてくださいということになるんでしょうが、あれも駄目、これも駄目では気持ちはしぼんでしまう一方です。さらには、痛みがなくなったり、機能を回復するだけでなく、若返っていただきたいと思っています。実際に痛みが取れれば、表情も穏やかになるし、機能が回復して行動範囲も広がって、若さを取り戻す患者さんがとても多いんです。患者さんの楽しそうな姿を見ていると、私まで若返るような気持ちになりますよ。

―今後の展望についてお聞かせください。

当面の目標は、すべての患者さんにさらによくなっていただくことです。そして、皆さんに若返っていただきたいです。整形外科では私どもの治療やアドバイスだけでは完治は望めません。完治には患者さんの協力が不可欠で、ご自身の治そうという思いがなければ成功しないんです。治したい思いを強く持てば、必ず良い結果が出ると知っていただけるように啓発していけたらと考えています。もうひとつの目標は、医師が素晴らしい職業であることを子どもたちに知っていただきたい。かつての幼い頃の自分のように、医師に憧れる子どもが増えてほしいです。そのためには、もっと自分を磨き、さらに皆さんの役に立っていけるよう努力していきたいですね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細