松尾内科クリニック

松尾内科クリニック

松尾 孝俊院長
頼れるドクター掲載中

12247 %e6%9d%be%e5%b0%be%e5%86%85%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

身近な人を助けられる存在をめざし開業

―なぜ内科を選ばれたのですか?

外科が格好良く見えた時期もありましたが、考えてみると手術室に入るのはあまり好きではないし、それよりも患者さんとじっくり会話をしながら、その人の日常を含めたすべてを診ていくほうが自分には合っているのではないかと思ったんです。それで内科に進むことを決め、中でも全身管理が必要な腎臓に興味を持ち、専門にしました。大学病院で1年間、栃木の総合病院で2年間、内科の研修を受け、大学病院へ戻ってからはシニアレジデント、チーフレジデントを務めました。その後は大学院で腎臓の生理学を中心に基礎研究を重ね、埼玉にある総合病院や東京都町田市にある総合病院などに勤めました。そこでは主に透析をされている数百人もの患者さんの、高血圧症、糖尿病、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、自己免疫疾患、骨代謝異常など、幅広い分野の全身管理を行いましたね。

―腎臓の病気にはどのような特徴があるのですか?

腎臓というのは、代謝産物を廃棄したり、体液のバランスやミネラルを調整したり、心臓とも密接な関連があったりします。簡単にいうと、体中のさまざまな臓器と最終的につながる部位なんです。それゆえ治療の際も、腎臓のことさえわかっていればいいというのではなく、全身についての知識が必要なんですね。例えば腎臓に特化した教科書というのは、ものすごく薄っぺらいんですよ。学校の授業でもさらっとふれる程度で、情報量が少ない分、苦手とする人も多いんです。ただ、別の臓器に関する本を開くと、必ずといっていいほど腎臓に関わりのある話題が出てきます。循環器疾患、内分泌代謝疾患、呼吸器疾患、膠原病・アレルギー疾患など広い範囲にわたります。ですから、勉強をするときにはこういったさまざまな分野の本や資料を読み、幅広い情報を集めるよう常に心がけてきました。

―どのような経緯で開業に至ったのでしょうか?

ずっと大学病院で頑張っていこうと考えていた矢先、両親が他界しまして。医師として働いているにもかかわらず、最も身近な人に対して何一つしてあげられなかった、そんな思いが強く残り、大学病院でアカデミックな研究を続けるよりも、自分の生まれ育った町のもっと身近な人たちを助けられる存在になりたいと思うようになったんです。実際開業してみると、医師であり事業主でもあり、今までにない経験をたくさんしている実感がありますね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細