下馬デンタルクリニック

下馬デンタルクリニック

脇濱 由佳院長

12049

一人ひとりの充実した日常生活を医療を通じてお手伝い

―プライベートはどのようにお過ごしですか?

私は物を作るのがとにかく好きで、中でもプリザーブドフラワーは8年ぐらい続けている趣味です。また、時間ができた時には自分の仕事とは直接関係のない勉強会によく出席します。いろいろな職業の人と関わるのが大好きなんですよ。最近も介護の勉強会に参加して介護関係の知り合いがたくさんできました。またそのご縁で、医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、栄養士、看護師、ヘルパー、ケアマネジャーなどの多職種とともに、私の専門である「咀嚼嚥下」についての勉強会を月に1回ペースで開いています。違う職種の方がそれぞれの立場で「噛んで飲み込む」ことについてどのように伝えるか、伝え方を一緒に勉強しています。ほかにも自分の持っている健康知識をお話しできるような場があったらお願いしてお話をさせてもらっています。専門でない方にお話することで、私自身もとても勉強になるんですよ。

―今後やってみたいことを教えてください。

長年、歯科医師として患者さんと向き合ってきた中で、高齢の方に起こりがちな「摂食機能障害(食べ物を飲み込むことに問題のある状況)」はお口周りの筋力の訓練をすることで予防できることがわかってきました。そしてこの予防をマニュアル化することができましたので、患者さんにぜひ取り組んでもらえるような体制を整えたいと考えています。また、今後は「唾液検査」も始めたいと考えています。唾液検査をすることで「虫歯になりやすいタイプ」かどうかもわかりますので、今後どのようなケアをしたらよいかがわかるのです。この検査を通じて、皆さんの虫歯などをさらに予防していきたいと思いますね。

―読者へのメッセージをお願いします。

当院に向いているのは、まず予防したい方。それから自分にぴったりの入れ歯を作りたい方は、当院には専属の技工士がいますのでご希望に沿えると思います。加えて、訪問診療もやっていますので、足が悪くてクリニックに行けなくなった方、ご家族が寝たきりでクリニックに連れて行けないという方は、ぜひ当院を思い出していただきたいですね。これからも末長く患者さん一人ひとりの充実した日常生活のお手伝いをしていきたいと思っています。下馬や三宿、三軒茶屋で歯科クリニックをお探しの方は、ぜひ一度いらしてみてください。

記事更新日:2017/05/17


Access