全国のドクター9,143人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月09日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 熊谷市
  4. 上熊谷駅
  5. 森歯科診療所
  6. 森 哲也 院長

森 哲也 院長の独自取材記事

森歯科診療所

(熊谷市/上熊谷駅)

最終更新日:2019/12/10

119713 %e6%a3%ae%e6%ad%af%e7%a7%91%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%89%80

JR高崎線の熊谷駅北口から徒歩約15分の場所にある「森歯科診療所」の開業は1933年。代々歯科医師の家系で、現院長の森哲也先生は3代目にあたる。大学卒業後はインプラント治療をはじめとする補綴治療の研鑽に励み、自身のクリニックでもその手腕をふるっている。また予防歯科や定期健診にも尽力しているが、その第一歩として治療前の入念なカウンセリングや患者への接し方にも配慮を欠かさない。虫歯や歯周病が深刻化する前に来院してもらうことが、最善の「予防」だと考えているからだ。さらに睡眠時無呼吸症候群改善を目的としたマウスピースや、スポーツ選手のためのマウスガードを製作するなど研究や勉強にも余念がない。口の中から全身を健康にするのが目標という森先生に、詳しい話を聞いた。
(取材日2019年11月25日)

丹念なカウンセリングを経て治療に着手

院長はこのクリニックの3代目だと伺っていますが?

1

1933年に祖父がこの場所で開業しまして、その後を父が継ぎ、2010年からは私が院長を務めています。歯科医師になったのは宿命のようなものですね。私が幼い頃は、現在のクリニックが実家でもあったので、父の仕事ぶりをいつも間近で見ていました。そのせいか、特に他の仕事をしたいとも思わず、自然な流れだったともいえます。大学卒業後、他の歯科医院に8年間勤務した後にこのクリニックを継いだのですが、父と一緒に仕事に携わった期間はさほど長くなく、すぐに一任してくれました。現在は引退している父から受け継いだ患者さんを診療することも多いのですが、その際に「お父さまはとても穏やかで優しく接してくれる先生だった」ということをよく聞かされるので、私も同じように心がけているつもりです。

カウンセリングの時間は必ず確保しているそうですね。

診療の合間に病状や治療計画についてお話しすると、状況によってはどうしても説明不足になってしまいがちです。患者さんの立場からすれば、費用面や健康面などさまざまな不安を抱えていらっしゃると思いますから、そうした問題を払拭するためには、治療に着手する前に患者さんのお話をしっかりと伺う必要があります。ですから当院では、カウンセリングを含めた予約時間を確保するようにしています。時間に余裕を持たせることで、さまざまな資料や治療例をお見せすることができますし、例えば自由診療が必要な場合は費用面の相談にも丁寧に向き合うことができますからね。

特に力を入れている治療はありますか?

2

一貫して力を入れているのはインプラントやクラウン・ブリッジなどの補綴治療ですね。歯科は今や万全な治療とともに審美的な面も網羅すべきだと考えていますので「噛み合わせをしっかり整えて、見た目も美しく仕上げる」ことに尽力しています。特にインプラントに関しては、卒業後に8年間お世話になったクリニックで専門家のもとで学ばせていただいたので、その経験をフルに活用させていただいています。また当院には古くからこの周辺にお住まいの高齢の患者さんが多数通ってくださっているので、疾患や骨の具合でインプラント治療ができない方も含めて義歯の治療にも力を入れています。現在はさまざまなバリエーションがありますから、患者さん一人ひとりに合わせた義歯製作が可能です。そうした面も考えると、やはり個別のカウンセリングは重要ですね。

予防歯科とともに睡眠時無呼吸症候群の診療にも尽力

予防歯科についてはどのようにお考えですか?

20191206 3

私がカウンセリングや丁寧な説明に重きを置いているのは、それがひいては予防歯科につながるものだと考えているからです。歯に痛みを感じてから来院される患者さんも多いのですが、それはおそらく歯科医院の雰囲気や、歯科治療に対して苦手意識があるからだと思うんです。予防歯科は既にしっかりと確立された分野ですから、虫歯や歯周病にならないためにも、とにかく来院していただく必要があるわけです。そのためにはカウセリングはもちろん、患者さんに対するスタッフや歯科医師の接し方も考えなければなりません。現状としては、若い方よりむしろ高齢の方のほうが欠かさず定期健診にいらっしゃっています。そうした患者さんの中には「8020」を達成されている方もいらっしゃるんですよ。当院には2人の歯科衛生士が常駐しているので、予約もスムーズに取ることができると思います。

こちらで受けられる「歯肉マッサージ」について教えてください。

歯肉マッサージは、予防的ケアの一環として取り入れました。基本的には、PMTCを行った後に歯科衛生士が専用のジェルを使って指でマッサージしていくのですが、とても気持ちの良いものだと思います。最後に、唇にも専用ジェルをつけてLEDライトを当てて血行を促していきます。前述したように、歯科は歯だけでなく、歯肉や唇の美しさもトータルで考えるべきだというのが私の考え方です。歯周病になると、歯肉が血行不良を起こしてうっ血してしまいますから、毎日の適切な歯磨きに加えて歯肉マッサージも大切にしてほしいですね。併せて唇の血行もよければ、見た目も美しくなると考えています。

睡眠時無呼吸症候群改善のためのマウスピース治療にも尽力されているそうですね。

4

マウスピースは顎関節症治療のためのものもありますが、私が力を入れているのは睡眠時無呼吸症候群の治療です。実は私自身も重度の睡眠時無呼吸症候群を患っていて、自身でも就寝時にCPAPを使用しているんです。幸いにも、この近隣に専門家がいらっしゃるので、そのクリニックと提携して治療にあたっています。こちらの診療時に疑いのある患者さんがいらしたら専門家の診察を受けていただき、要請を受ければ保険診療でマウスピースを製作することができます。装着して就寝すれば気道の確保が図れるので呼吸しやすくなることや、いびきをかきにくくなることなどにつながります。またお子さんの場合でも口呼吸が癖になっているケースは非常に多く、早い段階で鼻呼吸に切り替えていくことが健全な育成や健康維持にも役立つんです。歯科でもこうした治療ができるということをぜひ知っていただきたいですね。

口の中から全身の健康を考えられる歯科医師をめざして

スポーツマウスガードについても教えてください。

20191206 5

熊谷市はご存じの通りラグビーが盛んな地域で、子どもの頃からラグビーをしている方もたくさんいらっしゃいます。しかしそれだけに奥歯や顎の関節に負担がかかる機会も多く、スポーツ用のマウスガード装着は必須であると考えています。過去には、私が理事を務めている熊谷市歯科医師会の有志で「スポーツ歯学研究会」を立ち上げ、大学のラグビー部へのマウスガードの提供や、自分たちの手で製作できるようにスキルアップをめざすなどしてきました。そうした努力もあり、現在では熊谷市に在住または在学中の学生さんでラグビー・女子ラクロスなどの競技を行っている方には、指定の歯科医院でマウスガードを作る際に補助金が出るようになったんです。熊谷市内にはマウスガードを製作できる歯科医師が多いため、スポーツをされている方もよく来院されるんですよ。

先生は栄養や食育も歯科に必要だと考えていらっしゃるそうですね。

はい。なぜなら人は誰でも「口」から物を食べるからです。ですから食育こそ、歯科医師が取り組まなければならない分野だと考えています。そこで食育のインストラクターの資格を取得し、栄養の分野の勉強を重ねた結果、サプリメントのご紹介を始めました。例えば栄養が不足している、といったご相談を治療の合間に受けた時などにお勧めしています。いつでも気軽に相談してください。

最後に今後の展望を教えてください。

6

睡眠時無呼吸症候群について研究を進めているうちに呼吸の大切さに気づき、半年前からヨガを習っています。いつか主宰としてヨガ教室を開くのが夢ですね。歯科医師としては、姿勢、呼吸、食育も含め、口の中から全身をホリスティックに診ていけるようになりたいと思っています。これからは違う分野の医師たちとも協力し合い、地域としても盛り上げて、何よりも患者さんを幸せにするのが目標です。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~
スポーツマウスガード/8000円~

Access