斉田歯科医院

斎田 寛之副院長

119340

オーダーメードな診療で歯を再生に導く

―とくに印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

たくさんいますね。私の治療方針は“最小限の介入で最大の効果をあげる”こと。それは単に、削る部分などを最小限にするというようなことだけではありません。お口の中の状態や噛む力、生活習慣など、人それぞれ違うなかで、悪いところは全部抜いて、差し歯やインプラントで補うという一律的な処置をするのではなく、その人にとって本当に必要な処置を最小限の負担で行うということなんです。例えば、ここに1本、ご自身の歯を移植してくれば楽になるだろうと判断すれば難しい外科手術でもやりますし、部分的な矯正が必要であれば矯正もします。つまり、同じ処置方針の人は一人としておらず、一人ひとりに別々の治療計画があり、それぞれに思い入れがあります。患者さんに向き合い、丁寧に治療を行うため、どうしても時間がかかってしまい予約をとるのが難しい状況になってしまっている点は申し訳なく思っています。

―「歯を保存し、神経を守る」ことにこだわるのはなぜですか?

それが歯科医師の使命だと思うからです。もちろん、ほかの歯に悪影響を与えたり、長期間安定して機能しないようであれば抜くこともあります。一方で、歯科医師側が、勉強して知識や技術を身に着けてさえいれば、機能する状態で残せる歯があることも確か。ただし、崩れてしまっているような危うい歯を良い状態で残せるかどうかを判断するには、知識やテクニックだけでなく、経験が必要です。というのも、残すつもりで治療を進めても、結局だめになってしまうこともあるんですね。そうなると、かえって患者さんの負担が増しますので、経験がない場合は、大事をとって抜くと判断せざるを得ないこともあるわけです。私の場合は、「歯を残す」という信念のもとで経験を積んできたため、ここまでなら大丈夫というボーダーラインがある程度引けるのだと思います。他院で残せないと言われた歯を残せることがあるのも、ギリギリの判断ができるからでしょう。

―特殊な医療機器なども導入されているのでしょうか?

歯科用CTや矯正用のレントゲン(セファロ)、歯科用マイクロスコープ、技工室には土台からセラミック、義歯までさまざまな補綴物を作るための機器があります。しかしレントゲンに関しては、従来のアナログ式レントゲンをあえて使用しています。なぜわざわざ旧式のものを使うかというと、モノクロの場合はアナログの方がより繊細に濃淡を表せるからです。現時点ではデジタルレントゲンよりも、アナログレントゲンの方がより正確に診断できると考えています。ちなみに、これらの画像は基本的に無期限で保管し、いついらしても、ご自分のお口の中の履歴をたどれるようにしています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細