ほそい歯科クリニック

ほそい歯科クリニック

細井 康直院長

118962

蕨駅より徒歩7分の「細井歯科クリニック」は、長年、地元の蕨市や戸田市の人々に愛されてきたクリニック。親子何代にもわたり通っている人も多い。躍動感あふれる4代目院長、細井康直先生が心がけているのは、丁寧なカウンセリングで治療内容を十分に患者に理解してもらうこと、その上で患者のニーズに合った治療を進めることだ。また、歯の噛み合わせが全身に影響を与えることから、「全身咬合治療(オーラルリハビリテーション)」の考えに基づき、歯周病の治療やインプラントに力を注いでいる。「痛くない、怖くない治療」をめざす細井院長に、治療の方針や印象に残っている症例、自身の趣味や健康管理などについて話を聞いた。
(取材日2016年4月28日)

オーラルリハビリテーション(全身咬合治療)を掲げて

―先生が得意とされている治療はどのようなものでしょうか?

歯周病が全身に影響を及ぼすことはご存知でしょうか。虫歯は気になるけれど、歯周病というと軽く考えている方もいらっしゃるかと思います。実は、歯を失う原因の9割以上は歯周病が原因です。一度溶けてしまった骨は、元には戻りません。だから歯周病を甘くみてはいけないのです。私は、勤務医をしていた時代に「オーラルリハビリテーション(全身咬合治療)」を大切にする先生と出会いました。「オーラルリハビリテーション」とは、歯を1本ずつ診るのではなく、口全体を1つの単位として捉え、本来の機能や審美性を回復するとともに、長期的に健康な口腔内を維持しようという治療です。私も、その考えに基づいた歯周病治療をご提案しています。

―歯周病の治療はどのように進めるのでしょうか?

当クリニックでは、治療計画を初回の診察時に30分くらいかけてご説明するようにしています。長い目でみてベストな治療方法をご提案するようにしていますが、患者さんがどこまでの結果を求めているかもお聞きした上で、どうしましょうかと相談します。歯周病がらみの場合、全体を治そうと思うと1年がかりになる場合もあります。でも、せっかくですから歯医者に来たタイミングで、これから当分の間は大丈夫というところまで治したり、気になっている審美的な部分を治療してしまった方が、患者さんにとっても最終的にはご満足いただけると確信しています。しっかりご説明すると、私の提案を受け入れてくださる方がほとんどなんですよ。

―具体的に印象に残っている症例を教えてください。

以前に「全部抜いて入れ歯にしなければダメ」と言われた方が、当クリニックでは、ブリッジのような形で自分の歯を生かしてして治療できたケースですね。インプラントを入れたケースでは、「力を入れて噛めるようになった」「好きなものを食べられるようになった」「人前に出るのが恥ずかしくなくなった」という方もたくさんいらっしゃいます。実際、「オーラルリハビリテーション」の治療にインプラントは欠かせません。入れ歯やブリッジは、残っている歯を頼りにしないといけないので、どうしても他の歯への負担が大きくなってしまいます。しかし、そこにインプラントが入ることで、他の歯にかかる負担が軽くなるんですね。

記事更新日:2016/07/07


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細