求人情報ON
きたみ胃・大腸クリニック

きたみ胃・大腸クリニック

西堀 英樹院長

11862

高い技術で負担が少なく精密な内視鏡検査に努める

―つらさを感じさせない内視鏡検査にこだわっている理由を聞かせてください。

早期発見のためには定期的な検査が重要です。これだったら次回も受けようと思っていただけるようなつらさのない検査をめざしています。その実現のためには、まず患者さんの心配を取り除くことが必要。当院では事前にじっくり説明し、納得いただいてから検査をしています。胃内視鏡検査に関しては経鼻と経口があり、それぞれのメリット・デメリットを考え、患者さんに応じて選択しています。経口胃内視鏡と大腸内視鏡は鎮静麻酔を併用しますが、それに加えて、できるだけ苦痛を与えないような丁寧な内視鏡操作もポイントです。これは長年の経験から得られたテクニックともいえますね。もちろん、患者さんの負担を軽くするため、速やかにかつ見逃しのないよう丁寧な観察を心がけています。多くの方に満足して帰っていただいていますし、毎年来てくださる方もいらっしゃいます。患者さんに「苦しくなかったです」と言ってもらえるのは本当にうれしいですね。

―先進の設備や技術導入にも力を入れているそうですね。

近年、内視鏡の設備を総入れ替えしました。内視鏡検査も日々進化していますから、検査のクオリティを上げるためにも必要な投資だと思っています。さらにここ数年は、狭帯域光観察拡大内視鏡を導入することでより精密な診断ができるようになりました。狭帯域光観察拡大内視鏡とは、組織を採取することなくがんのみならず前がん病変を診断できる機器です。これにより数ミリの小さな病変も発見出来るようになりました。

―なかでも大腸内視鏡検査と日帰り手術を多く行っているそうですね。

もともと大腸外科の医師であったこともあって、大腸内視鏡には特に力を入れています。これまで大腸内視鏡がつらかったり、困難であった患者さんがクチコミなどでいらっしゃることも多いです。大腸ポリープを発見した場合は、まずは狭帯域光観察拡大内視鏡を用いることによってがんや前がん病変を診断し、必要があれば積極的にその場で切除しています。前がん病変や早期のがんであれば、当院で日帰り手術が可能です。いわば、検査と同時に治療まで行うことによって、患者さんの負担も軽くできます。当院で切除困難なポリープや腫瘍を発見した場合には、病状や術式ごとに適した医療機関や信頼できるスペシャリストの先生を厳選して紹介しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細