デンタルオフィス湊

デンタルオフィス湊

荒内 寛 院長

頼れるドクター

118220 df 1 main 1438671228

必ず複数の治療プランを提示し、セカンドオピニオンを推奨

―インテリアなどで工夫されている点はありますか?

診療室が通りに面してガラス貼りになっているのですが、そこにスタッフ手作りの装飾を施しています。今は春なので桜の花を模した装飾ですが、冬には雪といったように季節に合わせて変えているので、それを楽しみにしてくださっている患者さんもいらっしゃいます。そして診察室内の鉢植え類は、私自ら手入れをしてなるべく花を絶やさないようにしています。

―診療する上で、なにか特別に心がけていらっしゃることはありますか?

治療を始める前には必ず治療プランを決めますが、私は事前にどのくらいの期間で治療したいのか、費用の負担はどうかといった点を十分に患者さんと話し合った上で、常に複数の治療プランを作成してその中から患者さんご自身に選択していただくようにしています。さらに患者さんには、積極的にセカンドオピニンをとるようにお勧めしているんです。ほかの医師からもこの方針で間違いないと言われれば患者さんも納得しやすいですし、セカンドオピニオンをとることで逆に私と患者さんの信頼関係も膨らみます。そしてもう1つ、自分の力量を見極めて決して無理な治療をしないということも大切なことだと思っています。ですから難症例については、必要があれば患者さんのお住まいから通いやすい大学病院を私が直接調べて、積極的に連携をお願いするようにしています。

―お忙しくてなかなかお休みはとれない様子ですね。

このクリニックだけではなく、30数年前に自身のクリニックを開業したときから、実はまとまったお休みをとった記憶がありません。先ほども申し上げましたが、遠方からお正月やお盆休みを利用して来てくださる患者さんもいらっしゃいますし、感染症のリスクが高い方の場合には、やはり通常の診療時間内に治療を行うのが難しい場合もあります。そうしたケースの場合、どうしても通常の診療が休診のときに治療することになるためです。家族には申し訳ないのですが。

―最後に読者の方にメッセージをお願いします。

予防歯科の観点からも、ぜひかかりつけ医を持って、6ヵ月に1度は歯科に定期健診に通っていただきたいですね。またお子さんをお持ちの方にお伝えしたいのは、お子さんの口の中の様子をよく観察してくださいという点です。多くの乳幼児は歯磨きを嫌がるものですが、実はそれが単純に歯磨きが嫌いというだけではなく、口腔内の疾患が原因となっている場合もあるのです。こうした疾患も、歯科医で定期健診を受けていれば早期に発見できます。そのため永久歯が生えてからではなく、できれば乳歯が生えたら定期健診をするくらいの心がけを持っていただきたいですね。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細