萩野歯科医院

萩野歯科医院

萩野高司 院長

118106 df 1 main 1438163038

歯の治療は好きではない、口の中の環境改善をめざす

―待合室に、歯周病や虫歯の予防に関する手作りの資料がありました。

待合室にある資料は、歯科衛生士のスタッフが作ってくれた当院オリジナルのものなんです。私がちょっとこんなものがほしいなというとすぐに作ってくれるとても優秀なスタッフなんですよ。作った理由は、患者さんに根本から治すことの大切さを伝えたいから。患者さんは「歯が痛いから治してほしい」と訴えます。その痛みを一時的に止めることはできますが、根本的な原因を突き止めて治さないと、また痛みは出てきます。何度でも繰り返してしまうのです。そうならないためには、口の中で起こっている現状を把握し、根本から治していく必要があるのです。私は削ったり詰めたりすることが好きではないんです。口の中の環境をよくすることで改善できることがたくさんあります。そんな治療が好き。だから、患者さんにもしっかり知っていただきたいですね。

―心がけていることは何ですか?

患者さんが望まないことをしないことですね。例えばぐらぐらしている歯がある患者さんから「この歯を残してくれ」と言われれば、どんなに不安定な歯でも抜きません。「夜中に歯が抜けて飲み込んでしまい、気管支に詰まることもありますよ」といったようなリスクは説明しますが、それでも患者さんが残すことを希望すれば、私はその気持ちを尊重します。また、患者さんごとに治療のゴールは違うということも肝に銘じています。だからこそ、診療中は患者さんと十分にお話ししたり、レントゲンや写真で口の中の現状を確認したりしながら、エンドポイントを見つけ、最善を尽くすようにしています。そうすることで患者さんにも喜んでいただけると思うからです。

―医師をめざした理由を教えてください。

昔から医療には興味がありましたね。人のためになる仕事だと思っていましたから。父や母から「歯科医師になれ」と言われたことは一度もないんですが、昔から二人の働く姿を見ていたこともあるのかな。大学進学を決める高校生の時に歯科の道を決めました。実際に仕事を始めて、患者さんに喜んでもらえた時には「人のためになれたかな」と感じますね。また、特に父の根管治療や入れ歯やかぶせ物の治療はすごいんだなとわかりました。歯科の治療や機材は日進月歩でどんどん新しく良いものが出てくる中、その時の一番良い治療を提供し続けてきた姿勢は本当にスペシャリストだと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細