秋山矯正歯科

秋山矯正歯科

秋山 祐子院長

117995        2

松戸駅より徒歩2分という至便な立地のビル2階にある「秋山矯正歯科」。商業地にありながら、院内に入ると一変して穏やかで、広々とモダンな空間が出迎えてくれる。華やいだオーラのある院長の秋山祐子先生は、生まれも育ちも松戸。矯正は学ぶのも治療するのも大好きと言い、「ほとんど趣味です」と笑う。その根底には、矯正を通じて患者の口腔内を健康にきれいにし、その方の人生を楽しく変えたいという気持ちがあるのだそう。そんな思いを存分に話してもらった。
(取材日2016年12月14日)

明るく気さくで風通しの良い環境にこだわり

―とてもきれいなクリニックですね。

もともと父が1977年に松戸駅の東口側で開業しましたが、ビルの建て直しで数年前にこの西口側に移転してきました。私は2009年に日本大学歯学部を卒業して入局後からは父の医院を手伝い始めていたんです。その後、大学院に行っている間はそちらに専念しましたが、2014年に修了してからは、新規の患者さんは私が診させていただくようにしてきました。父が70歳になったこともあり、2017年4月に代替わりをして私が院長に就任いたしました。父は引き続き、以前からの患者さんの治療やメンテナンスを行いながら、橋渡しをしているところです。そんな父に相談しながら医院運営を始められたのは心強いですね。

―お母さまもクリニックにおられますね。

トリートメントコーディネーターとして患者さんとのコミュニケーションをサポートしてくれています。フレンドリーなので患者さんも、母に対しては何でも気軽にお話されていかれますね。母のほうからも「背が伸びましたね」「髪型変えました?」「あら、お化粧変えたでしょう?」などと気さくに声をかけさせていただくので、そうした会話を楽しみにもしていただけているようです。当院はそうしたアットホームな雰囲気が特徴でもありますし、矯正治療は長く通われるものですから、足の向きやすい環境づくりはこれからも心がけていきたいです。

―院長になられて変化はありましたか?

患者さんへの接し方や治療の考え方は特に変わりません。移転の時から、清潔さを維持できるよう清掃しやすくしようとか、患者さんにはリラックスしていただけるよう座り心地の良いチェアにしようなどと意見を反映してもらっています。診察台のスペースについても、プライバシーに配慮してゆったり配置しようと、4台にしてあります。院長として意識が変わったのは、その方の、口腔内を一生診ていく、という自覚や責任、医院としての社会での在り方や他の医院との関係をより考えるようになったことですね。また患者さんだけでなくそのご家族への接し方や、当院のスタッフへの対し方も重要です。良い医療を提供するには、スタッフが気持ちよく働けていることが大事ですから。毎朝ミーティングをして、いらっしゃる患者さんへの注意点を共有したり、子育て経験のあるスタッフはその視点でいろいろ提案してくれたりと、良い雰囲気ができていると感じます。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細