アイクリニック自由が丘

アイクリニック自由が丘

久保田明子 院長
頼れるドクター掲載中

11698 df 1 main 1453365013

ドライアイやまぶたのトラブルが専門。女性ならではのトラブルにも親身な対応

―クリニックの特徴としては、どのような点があげられますか?

大学病院時代、ドライアイ専門外来に携わっていたことから、一般眼科の中でもドライアイには特に力を入れております。それに加えて、眼瞼下垂・逆さまつげ・ものもらいやまぶたのできものなど、まぶたのトラブルを扱う眼形成の領域についても技術を習得し、開業後も非常勤講師として金沢医科大学病院眼科に眼形成外来を立ち上げ臨床経験を積み、現在でも定期的に手術に出向いています。当院でも、2012年から手術のできる設備を導入しましたので、まぶたのトラブルをお持ちの方は気軽に相談していただきたいです。

―逆さまつげのトラブルは多いのですか?

逆さまつげは自己判断が難しい症例です。とくに小さいお子さんで生まれつきまつげが目に当たっていると、その状態が普通になってしまうこともあります。本人自身不都合はないけれど、でもいつも涙目とか。つまり涙が目を保護しようとしてつねにウルウルしているんです。その他、充血していたり、瞬きが多かったり、いつも眩しそうにしていたり、ということに家族が気付いて来院するというケースが多いですね。コンタクトを入れている場合、レンズが目を守ってくれるので、それでいいじゃないかと思っている方もいますが、やはりコンタクトは異物なので、ずっと入れておくというのもよろしくない。やはりできることなら黒目に障害が出る前の早い段階で治すべきだと思います。

―最近はまつげのエクステンションやカラーコンタクトに関するトラブルが増えているそうですね。

確かに増えていますね。眼科医の先生の中には、まつげのエクステはだめ、濃いメイクは眼のために良くないとお考えの方もいるようです。ただ、私自身もおしゃれが大好きですし、女性が女性らしくあるために、おしゃれをすることは必要な要素だと思っています。ですからエクステもカラーコンタクトも上手に付き合っていけるのなら、けっして否定したくはありません。そのかわりカラーコンタクトは絶対にきちんと眼科で処方されているものの使用をお約束いただき、「私がきちんと皆さんの目の健康を管理させていただくので、定期的に診察にいらしてくださいね」というスタンスでやっています。また、当院では自分のまつ毛が、短く細くなってきた、あるいは薄くなってきたと感じて悩んでいる方のために、まつげの育毛剤も処方しています。グラッシュビスタという厚生労働省から承認された医療用の治療薬ですので、医師の適切な処方によって使えば、十分効果が望めます。気になる方は、ぜひご相談していただければと思います。

―年配の方にとっては、加齢による白内障の心配が切実だと思いますが。

当院では白内障の手術は行っていないので、症状と経過を診て、これは手術をすべきかどうかの見極めをします。中には失明するわけではないので、まだいいよという先生もいますが、私は仮に矯正視力が1.2あったとしても、生活に支障があるのなら手術をすべきでしょうと、お勧めしています。当院はビルの9階にあるせいか、お年寄りの患者さんはそれほど多くはありませんが、院内はバリアフリーですのでエレベーターを使えば車椅子でも心配いりません。
話し相手にもなれますので、お気軽にいらしてください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細