求人情報ON
医療法人社団  松本歯科医院

医療法人社団 松本歯科医院

松本 好史院長、松本 猛副院長

116717

横須賀市の海岸線にほど近い京急大津駅から徒歩1分の場所に「松本歯科医院」はある。院長の松本好史先生、副院長の松本猛先生は、1981年の開業以来、先端の歯科医療を通じて成長する街、横須賀に貢献してきた。高齢化問題にもいち早く取り組み、医療や介護との連携を強化。広い視野で歯科医療をかじ取りする好史院長と、院内で腰を据えて患者と向き合う猛副院長に、生まれ育った地域への思いや広い視野で歯科医療に取り組む姿勢についてじっくり聞いた。
(取材日2018年2月3日)

快適な院内環境を構築し、安心・安全な診療をめざす

―ご兄弟で歯科医師として一緒に働いて30年以上だそうですね。

【好史院長】弟の猛副院長と1981年に開業し、今年で37年目になります。私と弟は5歳違いで、ともに横須賀生まれの横須賀育ち。私はずっとクリニックにいるより外に出て情報収集や交流をするのが好きで、そこから得た知識などをクリニックの課題として組み込んでいます。一方、副院長は腰を据えてじっくり取り組むタイプ。自然と役割分担ができていますね。私たち以外にも、常勤やパートの歯科医師がおり、全員がそれぞれの得意分野を生かしながら診療にあたっています。
【猛副院長】院長が新しいもの好きなので、外で得た情報を応用すべく、僕にタスクとして与えてくれるのです。一つやり遂げると「じゃあ、次はこれ」と、どんどん仕事が回ってきます(笑)。

―クリニックで力を入れている診療について教えてください。

【好史院長】CAD/CAMシステムを用いたオールセラミックによる修復です。詰め物やかぶせ物など修復物の型採りから設計、削り出しを行います。数十年前は実績もなく、医学的な研究も進んでいない治療方法でしたが、今では精度も高まり世界的な評価も上々。当院では6年ほど前から導入しています。外部の技工所に依頼する必要がないため、その分リーズナブルかつスピーディーな治療が可能になるところもCAD/CAMシステムの優れた点といえるでしょう。
【猛副院長】また、セラミックなので金属アレルギーの方でも使用でき、症例によっては削る量も最小限に抑えられるといったメリットもあります。患者さんからは「前歯だけを治す予定だったけど、ほかの歯も治してほしい」といったうれしいお声をいただくこともあるんですよ。

―衛生管理も徹底していて驚きました。

【好史院長】安心・安全を診療の基礎と考え、器具の滅菌にはできる限り注意を払い、ヨーロッパ基準でクラスBの高性能な滅菌器を使用しています。この滅菌器が発売されるという情報を聞き、すぐさまドイツの工場へ飛び、実際この目で見たら非常に素晴らしい機械だったので、日本での発売直後に導入。これまでの滅菌器は、一度に滅菌できる本数が限られていたのですが、この滅菌器は一気に十数本を滅菌できる優れものなんです。
【猛副院長】当院の一日の患者数はおよそ70~80人なので、スピーディーに滅菌できる滅菌器の導入は以前からの懸案でした。滅菌専任のスタッフを確保するなどコストはかかりますが、患者さんに気持ち良く治療を受けていただくためには手を抜けない部分です。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細