エンゼル歯科

エンゼル歯科

佐々木明彦 院長

116651 df 1 main 1448515261

幅広い視野を持って地域の歯科医療に貢献したい

―小児歯科医療の抱える課題とは難しそうですね。

日本小児歯科学会や全国小児歯科開業医会(JSPP)という団体のネットワークが小児歯科の専門医の中にはあるので、それを知って活用してほしいと思います。昨今は子どもの虫歯が減少傾向にあり、保護者の方の意識が高まっているという一つの事実がある一方で、貧困や子育ての困難が叫ばれていたり虐待に関わるような事件がクローズアップされていたりと、非常に追い詰められているように感じます。もっと掘り下げると非正規雇用の問題も社会の背景としてありますよね。そんな中で保護者が子どもの面倒をじゅうぶん見てあげられず、子どもが歯や口の健康を害してしまっているケースもあるわけです。そういうお子さんが小児歯科の専門医ではない歯科医師のところで「とりあえず」の治療をして解決に至らず、歯科医師自身も悩みを抱えてしまっていることを歯科医療全体の取り組みとしてなくしたいですね。

―今後のクリニックづくりについてはどうお考えですか。

現在、当院には年間400〜500人の新患が来られるので、平塚エリアのお子さんでいうと5人に1人は必ず一度は当院の診療を受けていることになります。今後も規模を広げることは考えておらず、自分の身の丈にあったところでやっていくつもりです。ありがたいことに、当院の診療を求めて遠方からも患者さんが来てくださり、結果に満足して定期診査にも通ってくださる方が多いので、引き続き信頼に応えながら続けていきたいですね。虫歯になりやすかったり、重度の虫歯になってしまったお子さんでも的確に治療した後は予防処置をして永久歯を健康に保っていけば歯のことで悩んだり、歯の問題が生きていく上で障害になったりということはありません。常にその子の人生に影を落とすことのないようにと考えて診療していますし、それは変わらない目標です。

―地域医療においても展望をお聞かせください。

3歳児健診や保育園・幼稚園の健診などで当院の診療結果を他院の歯科医師が見てくださる機会があります。そういう歯科医師や、ある地域に住むお子さんが当院を卒業して地元の一般歯科に通うようになったとき、そこの歯科医師が私のことをとても信頼してくれるんです。お子さんの歯と口の中を診てどこの小児歯科に通っていたのかを保護者の方に聞き、当院に見学に来てくれたり、相談しにきてくれたりしてそこでのネットワークができあがりつつあるのでそれは大事にしていきたいのと、やはり歯科医師会に入っていない先生方とも何とか連携をとりたくて、最近は時々付近の歯科医院に出向いています。一度でも顔を合わせれば紹介もしやすいと思いまして。とても助かりますってよく言われますね。小児科の先生方や行政のスタッフと当院との連携はおおむねとれているので、歯科医師会にこだわらず同じ地域で開業、あるいは勤務している歯科医師も含めての地域歯科医療や歯科保健に、もう少し広い視野で取り組んでいけたらと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細