全国のドクター8,424人の想いを取材
クリニック・病院 161,463件の情報を掲載(2019年9月15日現在)

岩屋歯科医院

岩屋歯科医院

渡邊 奈美子 院長

116496 %e5%b2%a9%e5%b1%8b%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

患者に安心を届けられるよう、信頼の治療を提供したい

―先生が歯科医師になったのは、やはりお父さまの後を継ごうと思われたからですか。

そうですね。子どもの頃、母に「将来は歯医者さんになってね」と言われた記憶があるので、ちょっとずつ洗脳されたのかもしれません(笑)。虫歯になったときにも、父に治してもらったりと歯科がいつも身近にありましたから、歯学部に進学したときには既に「いずれは後を継ごう」という気持ちがありました。口腔外科に勤務したのも、先輩から「口腔外科で外科的な処置を勉強すれば、開業したときに役に立つ」と聞いたことがきっかけです。実際に、他ではなかなか体験できない腫瘍摘出の手術や、口腔がんの患者さんの診察なども経験できて、多くの貴重な経験を積むことができました。口腔外科で学んだ経験を生かして、正確な診断や早期発見につなげたいと思っています。

―診察の際には、どのようなことを心がけているのでしょうか。

患者さんが安心して治療を受けられるようにしたいと思っています。そのために、治療内容をきちんと説明することはもちろん、患者さんが疑問に思っていることを聞き、それに対してわかりやすくお答えできるようにしています。実は開業した当時は父からの患者さんを引き継ぐにあたって、かなりのプレッシャーがありました。患者さんからの信頼を得るのは難しいと悩んだものです。ただ、あの頃は今以上に「歯医者=怖い」というイメージが一般的でしたが、皆さん、父のことを本当に優しい先生だとおっしゃっていたんです。父が患者さんと親しく話しながら治療をしている姿を見ていましたので、私もその点を引き継ぎ、患者さんに安心を届けられるよう今後も努力を続けていきたいですね。現在、歯科医院が怖いと感じてしまっている歯科恐怖症の方も、一度ご相談にいらっしゃっていただければ力になれるのではないかと思っています。

―心に残った患者さんとのエピソードはありますか。

治療が終わった後に、患者さんからお礼の手紙をいただくことが何度かありました。例えば歯周病でがたがたになっていた歯を処置して入れ歯にした方がいたのですが、ものが不自由なく食べられるようになったことをとても喜んでいただいて。私もたいへんうれしかったことを覚えています。虫歯をきれいにしたことで、「笑えるようになった」と喜ばれた方もいました。そういったお手紙をいただいたり、患者さんの笑顔を見たりすると、「頑張ったかいがあった。本当に良かった」と思いますし、とてもやりがいを感じます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細