土方歯科医院

土方歯科医院

土方 周院長

116108

健康を大きく左右する噛み合わせとクリーニングに注力

―患者さんの高齢化とともに、主訴にも変化がありますか?

特別顕著ではありません。入れ歯や歯、顎の痛み、歯や歯茎がしみるなど、さまざまな症状の方にご来院いただいています。あえて高齢化の影響を挙げるとすると、当院は階段で2階に上がっていただく必要があり、長く通っていただく方で、足が不自由になったため通院継続が難しくなるというケースでしょうか。いずれは通院が難しい方への訪問診療も考えてはいまが、現状では、所属する逗葉歯科医師会で行っている、訪問事業に参加するのが精いっぱいというところ。当院の休診日をこの活動にあてています。

―逗葉歯科医師会では役員も務めていらっしゃるとか?

長く続けていますから。当院開業からしばらく後に入会しましたので、入会以来もう27〜28年になるでしょうか。この地で開業するからには、地域に貢献したいという思いから始めました。現在では、検診事業や、先ほどもお話しした訪問診療、介護施設への往診や研修会などの活動を行っています。

―特に力を入れていらっしゃる治療はありますか?

強いて言うなら、エンド(エンドドンティクス・歯内療法)やオクルージョン(咬合)、総義歯などは、個人的な強みでもあり、力を入れている分野です。他の医院ではあまり行われていない、POO(顎態調和法)も取り入れています。歯を抜かず、取り外し可能な装置で歯並びを整える治療ですが、歯の軸を起こして、奥歯でしっかりと噛めるようにトータルに整えるのが特徴です。噛み合わせやそのほかの治療について、専門というわけではありませんが長い間勉強を重ねてきました。日ごろ、そんなに頻繁にあるわけではないのですが、治療中などに急に過去に学んだ内容が当てはまるときがあるのです。「ここだ!」って。そういう時はとてもうれしくなりますね。

―診療を行う上で、心がけていらっしゃることは?

長い目で見て、従来の意味での歯医者を必要とする方をできる限り減らしたいと考えています。歯科治療の最終目標は、よく噛めるようにすること、その状態を長く維持することです。そのために、噛み合わせをしっかりと整えて、定期的なメンテナンスをきちんと行うことの大切さをお伝えするようにしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細