津田眼科

津田眼科

津田 則子院長

頼れるドクター

11398

緑内障の早期発見、白内障の日帰り手術にも力を入れる

―どのような病気で受診される方が多いのでしょう?

当院は「目の総合医」で患者さんの症状は多様ですが、涙点プラグを使ったドライアイの治療、コンタクト装着時のトラブルを防止する指導などには力を入れています。また白内障と緑内障の対応の違いについては患者さんに注意を促しています。白内障は光がまぶしい、老眼鏡でも小さな文字が読みづらいなど、日常生活で不便を感じる自覚症状が出てからでも治療は間に合うのです。一方の緑内障は視野の一部が欠けて見え始めたら、すでに手遅れなほど進行した状態。早期発見が大事なので、私は老眼鏡をお作りになるタイミングで眼科医による検査をお勧めしています。このほか糖尿病網膜症や加齢黄斑変性といった完治が困難な病気は、患者さんに現状を詳しくお伝えして、治療の進み具合などをご理解いただきます。もし他院での治療中にご不安などあれば、そうした病気のセカンドオピニオンとしても当院をご利用いただけます。

―緑内障はどんな検査を受けるとわかりますか?

眼圧が高いことも緑内障を疑う要因の一つですが、日本人の緑内障のほとんどは眼圧が正常範囲の「正常眼圧緑内障」。そのため眼圧以外に眼底の視神経の状態を細かくチェックし、それにつながる神経繊維の厚さを測る検査などで緑内障の診断を行います。最近はOCT(光干渉断層計)など検査装置が発達し、事前準備や検査後のまぶしさもなく、手軽に眼底が診察できるのです。老眼鏡を作る時などの視力チェックに合わせて眼底の視神経の状態や眼圧を確認し、病気ならすぐ相談を、特に問題なければ眼鏡の処方せんを書いてもらえばいいでしょう。2年ほどして老眼鏡を作り直すタイミングで、眼科を再受診する流れをつくれば、自覚症状のない段階でも緑内障が見つかる可能性は高まります。

―白内障の手術をされるケースもあるのですか?

ええ日帰り手術も可能で、手術中の眼内の圧力を一定に保つなど患者さんの目に優しい手術ができるシステムも導入済みです。必要と感じないなら手術しなくても大丈夫ですし、逆に視力が1.0あっても白内障のせいで細かな作業が難しい方などは、手術を受けると楽に仕事が進められるでしょう。目の中に入れる眼内レンズが単焦点なら「近い用」「遠い用」など焦点距離を選んでいただきますが、ご本人にお聞きしてもイメージがわかりにくいもの。そこで当院は暮らしで重視されていること、例えば読書や刺繍などが趣味とか、外出して友人と話すのが好きといった生活スタイルをお聞きしながら、詳しく相談にのります。手術の効果は非常に大きく、手術前は周囲がよく見えずに手探りだった患者さんが、手術後ははっきり見えるのでスタスタと帰って行かれます。特に女性は表情も生き生きとして、鏡がはっきり見えるのでメイクもうまくいくようですよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細