全国のドクター9,653人の想いを取材
クリニック・病院 160,685件の情報を掲載(2022年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 栄駅
  5. 高木歯科医院
  6. 歯が欠けてしまった時相談から治療までの流れを解説

歯が欠けてしまった時
相談から治療までの流れを解説

高木歯科医院

(名古屋市中区/栄駅)

最終更新日:2022/10/04

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

運動中の転倒といった不意のアクシデントや、食事中に硬い物を噛んだ際などに、歯が欠けてしまうことがある。歯が欠けると見た目を気にして、心の底から笑えないなどのコンプレックスが生じ、QOL(生活の質)が低下してしまうことも珍しくはない。また、「痛みがないから」とそのままにしておくのはリスクがある。歯が欠けた状態を放置してしまうと、虫歯の進行などさまざまな口腔トラブルにつながりかねないので、必ず歯科医院を受診するようにしたいものである。そこで今回は「患者の希望に沿う治療」と長年誠実に向き合ってきた「高木歯科医院」の高木哲朗院長に、歯が欠けてしまった時の相談から治療までの流れ、保険診療と自由診療のメリット・デメリットについて話を聞いた。

(取材日2022年9月8日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q歯が欠けてしまう原因にはどのようなものがありますか?
A

主な原因は虫歯、酸蝕歯(さんしょくし)、歯ぎしりなどですね。虫歯だと思っていなくても、硬い物を噛んだ時に歯が欠けてしまうことがあります。これは虫歯が進行して歯が空洞状になり、脆くなっているからです。酸蝕歯とは酸によって溶けている歯のこと。こちらも歯の表面が溶けて、脆くなっています。また、歯ぎしりなどで食いしばると体重の2倍~3倍もの負担が歯にかかります。あと意外に多いのは「転んだ」「階段から落ちた」といった日常生活でのアクシデントです。歯が欠けたまま放置しておくと、虫歯菌や歯周病菌が増殖するなどの口腔トラブルのリスクが高まります。見た目にも悪影響を及ぼすので、すぐに歯科医院を受診しましょう。

Q歯が欠けた時の治療方法について教えてください。
A

保険診療はハイブリッドレジンのCAD/CAM 冠が挙げられます。白色のかぶせ物で、金属と比べてやわらかいため、噛み合わせに優しいというメリットがあります。ほかの歯の色に合わせることはできず、年数がたつと変色するのがデメリットです。また、当院には歯科技工士も在籍しており、精密かつ上質な義歯の提供に努めています。まずは保険診療をお勧めしますが、ご要望があれば自費診療のご提案もします。自費診療ではセラミックを希望する方が多いです。さまざまな歯の色に対応し得る、噛み心地や舌触りも他の素材より天然の歯に近いというメリットがあります。近年はセラミックよりも強度に優れたジルコニアが主流になりつつあります。

Q欠けた歯の治療が完了する期間はどれくらいでしょうか?
A

初診時に、仮の歯を作って応急処置をします。その後、要望をお聞きするカウンセリング、修復物を装着する治療という流れになります。期間はケースバイケースですね。歯の欠け具合や選択した治療方法によって、時間が異なるからです。例えば、歯が大きく欠けて神経が露出している場合は、根っこの治療が必要なため治療期間は長くなります。反対に歯が小さく欠けているケースなどで、条件が合えば通院1日、最短1時間で治療できることもあります。しかし、患者さんの理想に近づけるように、複数のプランを提案させていただくためには、しっかりと話し合うことが大切です。まずはカウンセリング時にご要望をお伝えください。

検診・治療START!ステップで紹介します

1見栄えを考慮しつつ、応急処置で仮の歯を作る

まずは問診と口腔内のチェックで、現在抱えている悩みや歯の状態を把握。その後、仮の歯の作製に入る。仮の歯を装着するために、必要最小限の範囲で欠けた歯を削ることもあるが、ここでは歯科医師の技術と経験が重要となる。基本的に初診日に仮の歯の装着までを行い、後日改めてカウンセリングに進むことが多い。患者に「こんな歯にしたい」といった要望を落ち着いて考えてもらう意図もある。

2カウセリングで治療方法を提案

カウンセリングルームで患者の要望をヒアリング。「どのような歯をめざしたいのか」を聞き出し、保険治療か、または自費治療を望むのかなど費用面も考慮して治療方法を設定する。現在はCAD/CAMシステムを使用した修復物が主流となっているが、それがどんな症例に対しても必ずしも良いというわけではないと高木院長。同院では豊富な経験と技術を持つ歯科技工士が作製した精密な義歯(入れ歯)も選択肢として提示している。

3型採りのため3Dカメラで口腔内を撮影

応急処置で削った歯の患部を、さらに精密に削った後、型を採るために3Dカメラで口腔内を撮影(スキャン)する。わずか数秒の作業で患部の歯列がパソコンのモニター上に再現される。患者にかかるストレスや負担はほとんどないので、従来行われていた印象材を使った型採りの不快感を味わうことはない。ただし、歯が大きく欠けている場合など症例によっては従来の型採りを必要とする場合もある。

4ミリングマシンで修復物を作製する 

パソコンの3D画面上で修復物を設計。モニター上で噛み合う部分の盛り上がりや形を微調整し、理想的な形に仕上げていく。素材は保険診療であればハイブリッドレジンを使用。自由診療であればセラミックやジルコニアといった素材のほか、自身の歯に最も適した色のブロックを選ぶ。その後、ミリングマシンという機械が設計データをもとに加工。素材を削り出し、チェアサイドでみるみるうちに修復物が作製される。

5作製した修復物を欠けた歯に接合する

先進の接着方法を用いて、修復物を欠けた歯にセットして治療完了。患者の安心のため、同院のモットーでもある「基本に忠実に」ステップを踏んで行われる。現在同院では金属の素材を使用することはないため、金属アレルギーの人も心配はない。過去の治療で入れられた金属の修復物を、セラミックに変えるメタルフリーの治療を希望する人も増えている。

ドクターからのメッセージ

高木 哲朗院長

審美歯科を受診する際、自由診療ならば「選択の幅」、保険診療ならば「予算の面」でそれぞれにメリットがあります。患者さんの価値観や生活環境に合わせて、複数の治療プランをご提案させていただきます。「基本に忠実に」が私のモットーです。審美歯科という分野も決して特別なものではなく、基本の中に含まれるものであり、審美歯科で理想の歯をめざして差し上げるのは歯科医師として当たり前の行為だと私は考えます。歯が欠けたケースだけでなく、お口の悩みを抱えている方はどうぞお気軽にご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックのかぶせ物/5万5000円~、セラミックの詰め物/4万4000円~、ジルコニアのかぶせ物/11万円程度、ジルコニアの詰め物/6万6000円~

Access