求人情報ON
鳥居歯科医院

鳥居歯科医院

鳥居ゆか院長

医療トピックス

親子一緒に通う予防歯科
健診と正しい歯磨きで歯を守る

鳥居歯科医院

保険診療

Main

自分が虫歯や歯周病で苦労した人ほど、子どもには同じ思いはさせたくない、と思うのではないだろうか。しかしいざとなると、何歳から歯科医院に行けばいいのか、どうやって歯を守ればいいのか、具体的にはわからないことも多い。そんなときに頼りになる存在が身近にある歯科医院である。「鳥居歯科医院」は院長が女性で小児歯科が専門。スタッフも子どもには慣れており、子ども目線の設備も整っている。「定期的な健診は大事ですが、毎日の歯磨きはより重要。当院ではその方に合った磨き方や歯磨き粉をアドバイスしています」と鳥居ゆか院長。「患者さんの歯をきれいに」を信条とし、見た目に配慮してくれるのもありがたい。子どもだけでなく親も一緒に通うメリットや日々のケアの重要性について詳しく聞いた。(取材日2018年3月14日)

虫歯や歯周病の原因菌数をできるだけ少なくするために毎日の歯磨きと定期健診は大切

子どもが何歳になったら歯科に連れて行けばいいでしょうか?

1 ▲岡崎駅からすぐのアクセス抜群のクリニック 岡崎市では1歳半、2歳、3歳の時期に歯科健診があり、当院にはその前後に来られる方が多いでしょうか。健診で何か指摘された際に受診して何もなければそれに越したことはないので確認のためにも受診されたほうがいいですね。大体、前歯が生えそろい、奥歯が生え始めるかな?というぐらいの1歳半の頃に来ていただくのが最もよいかと思います。それ以前でも、お母さまが何か気になるとか、顎を打ったなどのことがあれば、どうぞいらしてくださいね。赤ちゃんの時期も、歯が生えてきたら授乳後にガーゼで優しく拭くなどされるといいと思います。早い時期から口の中を触られることに慣れると、歯ブラシを嫌がらないともいわれています。

こちらでは予防や歯磨き指導を熱心にされていますね。

2 ▲小さな子どもも1人でトイレに行けるよう子ども用トイレも完備 はい、予防処置としては歯磨きチェック、クリーニング、フッ素塗布で、定期的に通っていただくのが理想です。歯磨き指導としては、院内の一角で、お母さまとお子さまに実際におうちでやるように仕上げ磨きをしていただき、力の加減やお使いの歯ブラシ、歯磨き粉などを私たちが見てアドバイスさせていただきます。歯磨きの目的は、原因菌数をいかにして減らすこと。歯科医院での処置後は、セルフケアで良い状態をキープしていただくことが大切になります。統計的には、今まで虫歯がなかったお子さまでも3歳半過ぎると虫歯に罹患することが多いです。ですから、その頃までには歯磨き習慣が確立されていることが理想的ですね。

乳歯はどうせ生え変わると考える親御さんもいると思いますが。

3 ▲院長が親身になって接してくれるのも心強い 赤ちゃんは虫歯菌ゼロで生まれてきます。それが、大人から食器やお箸を通じて菌がうつったり、お口の中のケアがしっかりできていなかったり、糖分をたくさん摂取したりして、虫歯になりやすい環境になっていくわけです。ですから習慣が変わらなければ、そのまま永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。乳歯の頃から生活習慣、食生活を整えることが大事だということですね。また乳歯が虫歯になると他の歯がそこに寄ってくるなどして歯並びが悪くなることもありますので、やはり乳歯の段階から虫歯予防は大切になります。私は、乳歯だからといって安易な処置ではなく、きちんとした治療が必要だと考えています。

親も一緒にメンテナンスを受けたほうがいいですか?

4 ▲親子で歯磨きのスキルを上げることが重要だ 食生活をともにしているので親から子へ、また子から親へ菌がうつることはあり得ます。当院には親子で通院されている方が多いですよ。親子そろって正しい歯磨きの仕方を覚えることができますし、定期的に来ていただくことで、虫歯だけでなく歯並びの問題も早期に発見できます。今は共働きも多く、日中はおじいちゃんおばあちゃんと過ごす子もいるので、お子さまが小さいうちだけでもご家族全員でケアしていただきたいですね。また岡崎市では、妊婦の歯科健診と並んでパートナーの歯周疾患健診というものがあり、男性も歯科健診を受けられます。赤ちゃんのために、生まれる前から、まずはご自分たちの歯をきれいにしていただければと思います。

口内の状態が数値でわかる唾液検査は予防に役立ちそうです。

5 ▲予防においては自身の口腔内の環境を把握することが大切である 唾液検査は現在、初診の方には無料で、2回目からは実費で行っています。ご提案すると大体半分ほどの方が受けられます。検査ではお口の中の細菌の状態、歯肉の健康状態の他、食後に酸性になった口内を中性に戻すための唾液の力もわかります。力が弱ければ虫歯になりやすいということですね。お口の状態が数値ではっきり示されるので、歯をきれいにして予防しようという意欲が高まるようです。結果を見て、歯磨き粉については、虫歯予防のためにフッ素が入っているもの、歯周病対策として歯周ポケットの中までの殺菌力があるもの、知覚過敏に適したものなど、その方のお口に合ったものを判断し、ご提案しています。

ドクターからのメッセージ

鳥居ゆか院長

どなたも自分のお子さまには、健康な歯で一生を過ごしてほしいと思われているはずです。お子さまと一緒に定期的なメンテナンスに通うことで、歯に対する意識が高まり、歯磨きの技術も向上しますし、お子さまも自分の歯をきれいに保つ習慣が身につくでしょう。私は、機能面はもちろん審美面にも力を入れており、「患者さんの歯をきれいにしたい」という思いが根底にあります。補綴や矯正は見た目を美しくと心がけ、歯の欠損による口元のゆがみなど口周りのお悩みにも対応しています。当院には小さなお子さまでも1人でお手洗いに行けるよう、お子さま用の洗面台や便器がありますので、ご家族でお気軽に来ていただければと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細