全国のドクター9,130人の想いを取材
クリニック・病院 161,400件の情報を掲載(2020年4月07日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 安城市
  4. 三河安城駅
  5. 医療法人将会 たかたな歯科
  6. 石川 崇 院長

石川 崇 院長の独自取材記事

たかたな歯科

(安城市/三河安城駅)

最終更新日:2020/01/15

20200115 bana

「たかたな歯科」は愛知県安城市高棚町の閑静な住宅街の中にある歯科医院。この町で生まれ育った院長の石川崇(いしかわ・たかし)先生が1982年に開院した。それまで歯科医院の少なかった地域で、子どもから高齢者まで幅広い患者の口の健康を見守ってきた。信条は「口は健康のもと」。歯周病治療や予防歯科の啓発に取り組み、噛み合わせ治療や義歯のメンテナンスを得意とする。気さくで、温かい人柄が慕われる石川先生に、開院以来の歩みや診療方針を聞いた。
(取材日2019年12月19日)

生まれ育った町で開業。地元の歯科医療に貢献し続ける

植栽に囲まれ、緑の豊富な歯科医院ですね。この場所で開業されたいきさつをお聞かせください。

1

最近はモダンな造りのクリニックがはやりですが、昔はこういう感じの町の診療所がたくさんあったんですよ。私の実家はすぐそこで、この町で生まれ育ちました。うちは農家で、父は教師でしたから医療に関わりはなかったのですが、高校の同級生が「歯学部へ行く」と言うので、そういう社会貢献の道もあるのかと思い、愛知学院大学歯学部に入学しました。卒業後、刈谷市の歯科医院に3年間ほど勤務した後、開業したのですが、その頃の私は三河安城駅辺りのにぎやかな市街地に憧れていたんです(笑)。しかし、父に「地元に貢献しなさい」と助言され、この場所で開院しました。当時は、この地域に歯科医院がなかったので、休み時間もないほど忙しかったです。地域の皆さんに喜んでいただき、父の言うとおり、地元で開業して良かったと思いました。庭木をたくさん植えたのも父のアイデアです。剪定は私がしているんですよ。

歯科医院の設計や設備で気配りされたところはありますか?

歯科医院を数多く手がけてきた設計士さんに任せました。診察スペースがこんなに広いのは、当時は斬新だったんですよ。開院から37年たちましたので、昔からの患者さんが高齢化してきました。その中には車いすで来院される方もいらっしゃるので、広い診察スペースは都合がいいです。また、院内感染を起こさないためにいろいろな対策をしています。エントランスに滅菌式スリッパボックスを設置して、床は抗菌フロアです。治療器具の消毒設備は充実していますし、使い捨てタイプの器具も採用していますので、安心して受診してください。

主な患者層や症状について教えてください。

2

開院した当初は、お子さんも大人も虫歯の方が多かったです。近年は皆さんの予防歯科の意識が高まってきたのでしょう、虫歯の患者さんは減ってきました。今は高齢の方が歯周病や義歯の不具合で来院されることが多いです。地域の学校健診へ出向いても、以前に比べて虫歯のある子が少なくなった一方で歯周病が増えていると感じます。それを指摘しても、お子さんたちは痛みがないと歯科を受診しないケースがあるのです。歯周病の怖いところは、初期の段階では症状が出にくいため、気づいた時には進行している場合が多々あることです。「自分は若いから関係ない」と思わず、歯茎が腫れる、歯磨きをすると出血がある、口臭が気になるなど、思い当たることがある方は相談していただきたいです。

歯の健康のために、正しいブラッシングを

歯周病治療には特に力を入れていらっしゃいますね。どんな治療法があるのでしょうか。

3

歯茎が腫れて痛みがある、歯がぐらつくといった急性症状がある場合は患部に薬剤を注入して歯周病菌の除菌を図りますが、初期の歯周病であれば歯石を除去した上で、根気よく歯磨きしていただくように指導しています。「毎食後、歯磨きしています」と言われる方も、歯ブラシが当たっていない箇所があることが多いのです。磨き残しを染め出して確認してもらい、正しいブラッシングを覚えていただきます。例えば、治療を続けた結果、症状が改善したからといってケアを中断したのでは努力が無駄になってしまいます。日々の歯磨きと定期的な検診で、後戻りしないように心がけてください。

正しいブラッシングのポイントを教えてください。

歯の隙間に入り込んだ汚れは爪楊枝では取り除けません。私は「毛先の細い歯ブラシを使って、歯間に毛先を揉み込む感じで磨いてください」と説明しています。それに加えて歯間ブラシもお勧めしています。また、「電動歯ブラシを使っているから、きれいに磨けているはず」とおっしゃる方がいますが、電動だから磨き残しがないということではありません。どんな歯ブラシでも正しく使ってこそ隅々まで磨けるのですから、一度歯科医院のブラッシング指導を受けることをお勧めします。その結果、ご自身の歯磨きが行き届いていないとわかってもがっかりすることはないですよ。歯の健康のためには「私は歯磨きがうまくない」と自覚して、改善するほうがいいのですから(笑)。

噛み合わせ治療にも熱心に取り組まれているそうですね。

4

噛み合わせが悪いと顎に無理な力がかかり、そこから肩凝りや頭痛、顎関節症、めまい、耳鳴り、腰痛などの不調を引き起こすことがあると考えています。噛み合わせが悪くなる原因はさまざまです。事故で頭部を強打したり、虫歯で痛む歯を避けて噛んでいるうちにずれてしまうケース。ストレスによる食いしばりや歯ぎしりで歯がすり減っている場合もあります。治療はスプリントというマウスピース型の器具をしばらく使用してもらい、顎の位置の修正を図ります。さらに歯に詰め物やかぶせ物をして調整することもあります。正しい噛み合わせを維持するために食事は左右の歯で均等に噛み、ストレスをため込まないようにしましょう。そして虫歯や抜歯後の治療を中断しないでください。特に歯を抜いたまま放置すると、周りの歯が傾いてしまい噛み合わせが悪くなることがあるのです。

よく噛んで健康に。義歯の不具合は我慢しないで相談を

近年、増えてきた症状や気がかりなことはありますか?

5

先ほどお話ししたように、虫歯の患者さんは減ってきていると感じます。それは良いことなのですが、一方でお子さんや若い世代に歯並びに問題のある人が増えているように思います。学校健診に行くと、歯列矯正をしている生徒さんが全体の2割くらいいるのです。原因の一つに食生活があるのではないでしょうか。やわらかい食べものが多くなり、噛むことが少なくなっているのだと思います。そのため昔の人に比べて顎が発達せず、歯の生えるスペースが狭くなり、歯並びに影響していると考えられます。噛むことは脳への良い刺激にもなります。やわらかいものばかりでなく、噛み応えのあるものも食べるように意識していただきたいです。

義歯が合わない、痛いという悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

義歯を使い続けるうちに使用感が変わってきたり、欠けたりすることがあります。また、部分入れ歯を支えていた歯が歯周病のために抜けてしまった場合は義歯を足さなければなりません。私はそういう義歯の調整や修理が好きなんです(笑)。面白いと言いますか、やりがいを感じるんですね。外部に修理に出さず、私が直してその日のうちにお渡しするようにしています。実家が農家で、子どもの頃は田んぼや畑の手伝いをしながら、よく農具を改良したり、木を削って自作したりしていました。そんな経験が生きているのかもしれません。

読者へのメッセージや今後の展望をお聞かせください。

6

私は患者さんを「自分の身内だ」と思って向き合うようにしています。そう思えば、やたらと自費診療を勧めたり、薬を出したりできないですよね。なるべく歯を削らず、できるだけ歯を残せる治療を心がけながら、地域の患者さんと長いお付き合いをしてきました。スタッフも開業の頃から勤めてくれている人たちです。患者さんの中には、スタッフや通院仲間と会って話すのを楽しみにしている人もいます。そんなよりどころとしての役割も、町の歯科医院にはあるのかもしれません。私自身が健康に気をつけて、長く続けたいですね。口は健康のもとです。来院される皆さんが、生涯よく噛めるように見守っていきたいと思っています。

Access