求人情報OFF
すずき歯科

すずき歯科

鈴木啓元院長

医療トピックス

虫歯、歯周病にならないために
しておくべき予防ケアと検査とは

すずき歯科

Top

小さな虫歯や、見えないところで進行する歯周病。その怖さは何となくわかるものの、自覚症状がないと歯科医院には足が向かない人も多いのではないだろうか。放っておくと、将来的に歯を失うリスクが高まるのが本当の恐ろしさである。「すずき歯科」ではそんな事態になる前の予防やケア、治療後のメンテナンスに力を入れている。鈴木啓元(ひろもと)院長は「削れば歯は弱くなります。当院では『できるだけ削らない』ことをモットーに、歯を守るため定期的なケアをお勧めしています」と気軽な来院を呼びかける。虫歯や歯周病にならないために大切なこと、また歯科医院で行うケアの重要性などについて詳しく教えてもらった。(取材日2017年10月16日)

痛くなる前の受診が肝心。クリニックならではの予防ケアを受け、虫歯や歯周病を防ぐ

そもそもなぜ虫歯や歯周病になるのですか?

1 ▲症状が出る前にケアすることが大切だと説明する鈴木先生 虫歯をつくるのも歯周病を進行させるのも一番の原因は口の中の細菌です。加えて、噛み合わせの問題もありますね。習慣的に強く歯を噛みしめたり、寝ている時などに無意識に歯ぎしりをしたりすると、歯に力がかかりすぎたり、歯がお互いにこすれて細かいひびが入ったりします。細菌はそういうひびからも入りこむのです。適当な歯磨きをしていても虫歯や歯周病になりにくい方も実際にはいらっしゃいますので、体質や歯質、歯周病になる菌がもともと多いか少ないか、ということも関係すると思います。細菌をゼロにはできませんが、ブラッシングや内科的な歯周治療、服薬などで数を少なくすることはできます。

症状が出てから治療するのでは遅いのでしょうか?

2 ▲優しい人柄で接しやすく、些細な相談にも耳を傾けてくれる 虫歯が進行すると、穴が開いたり、しみたりして気づきますが、それからでは歯を大きく削ったりかぶせたりすることになり、歯がダメージを受けて次第に弱くなってしまいます。歯周病は自分では少しわかりにくいかもしれませんが、最近はテレビのCMでも歯周病の高い罹患率を訴えており、成人で口内環境が全く悪くないという人はほとんどいないと思います。加齢とともに体の抵抗力は衰え、歯周病の人は増えてきますので、自分はどうかな?と考えてチェックのために受診されるといいですね。もし歯がグラグラしてから来られて「グラグラを止めてほしい」と言われても、残念ながら治療は難しいです。ですから、そうなる前のケアが重要なのです。

虫歯や歯周病にならないためにはどうすればいいですか?

3 ▲歯だけではなく口全体、日頃の生活からも包括的に診察してくれる 自分でのブラッシングに加え、定期的にプロによるクリーニングやケア、歯磨き指導を受けていただくことが望ましいですね。歯周病は遺伝するわけではありませんが、ご家族ですと、同じ食器や箸を使うことで口の中の菌の状態が似てきます。もしお父さまが総入れ歯だった場合、その方は注意が必要かもしれません。ご家族で通っていただければそうした情報が積み重なり、治療に還元できることもあると思います。当院では、虫歯など悪いところだけを見るのではなく、歯茎の状態や歯周病の程度も一緒に診ますので、“超”早期発見、そして治療へとスムーズに進むことができます。

なるほど、歯科医院へ行くメリットは大きいですね。

4 ▲細部まで検査と治療ができるように設備が整えられている 菌の状態や量を調べる検査をして、お口の現状を把握することもできます。検査の1つは、位相差顕微鏡で歯垢(プラーク)を取って細菌を直接確認するもので、スピロヘータというらせん状の菌をモニター上で見ることができます。もう1つはリアルタイムPCR法といい、紙でできたペーパーポイントを歯周ポケットに差し込んで菌を取り、専門機関に送って菌の量やDNAを調べるものです。歯周病の治りが遅い方や重度の方、再発する方に適した方法で自由診療になりますが、きちんと調べるので、菌の種類や量に合わせた治療ができます。患者さんには「すっきりして気持ちよくなった」「もっと早くやればよかった」という声をいただいていますね。

治療後のメンテナンスも必要ですか?

5 ▲些細なことも見逃さない診療で症状再発を防ぐことを心がけている はい、定期的なメンテナンスでより快適に過ごせます。頻度は、汚れやすい方は1ヵ月に1回、きれいな方は2~3ヵ月、あるいは半年に1回ですね。1ヵ月に1回ならクリーニングだけで終わりますので時間もあまりかかりません。歯科衛生士が行うPMTCというプログラムでは、自分ではきれいに磨けない所もプロがアドバイスしながら行い、歯の減り方なども観察して「普段、食いしばっていませんか?」と指摘をさせていただくこともあります。当院では口内写真を撮ることも多いですし、レントゲンも1年に1回ほど撮ると骨の状態もわかりますので、お口の中の小さな変化にも気づきやすいですね。

料金の目安

クリーニング/3000~5000円

ドクターからのメッセージ

鈴木啓元院長

とにかく、まず受診をお勧めしたいですね。当院は安心して受診いただけるよう、しっかり滅菌された環境づくりも整えています。数ヵ月に1度のクリーニングを習慣にするなど、エステや美容室に行くような感覚で気軽に来ていただければ、悪くなる可能性がある部分に気づくこともできますし、細菌の有無を確認する検査も有効だと思います。治療が必要になってから削ったり人工物を入れたりすれば歯が弱る心配もありますし、人工物は天然の歯にはかないません。ですから日頃から自分の歯を守ることを意識してほしいと思います。田原市では20~80歳まで5年ごとに歯科健診を行っています。がん検診と同じぐらい大切なことなのです。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細