求人情報OFF
すずき歯科

すずき歯科

鈴木 啓元院長、萬田 佑唯先生

109591

安心して受診できるよう滅菌も徹底

―設備面では先進の機器を備えられ、滅菌対策も徹底しておられますね。

【鈴木院長】CTは、3次元画像で骨の厚みや形を見ることができますのでインプラント治療には欠かせません。マイクロスコープは、根管治療に力を入れたいということで導入しました。肉眼では見えない部分を数十倍に拡大して見ることができ、治療の精度が上がります。治療器具などの滅菌対策は患者さんには見えない部分ですから、手を抜いてもわからないかもしれません。しかし安全を考えると、当然しっかりしたシステムが必要です。当院では滅菌ルームをつくり、滅菌作業を専門に行うスタッフを採用しました。患者さんにも「ここは消毒されているのだろうか」と不安に感じてほしくないので、目の前でパックを開けて器具を出し、コップも使い捨てにしています。患者さんはもちろん、裏方を知る働くスタッフにも「ここだったら安心して受診できる」と思ってもらえるクリニックにしたいのです。

―今後についてのお考えをお聞かせください。

【佑唯先生】患者さんを大切にして精いっぱい治療し、お子さんたちが健康に大人になっていくのを見守りたいと思います。田原市では女性の歯科医師が少ないので、それも生かしていきたいですね。
【鈴木院長】当院は開業して30年になります。長きにわたり、頼もしいスタッフと歯科技工士が当院を支えてくれ、患者さんも小さかった子が親になり、家族そろって来院してくださるようになりました。地域の皆さんのために、もっと何ができだろうかと考えると、息子が歯科技工士をしており、娘の夫が在宅診療にも取り組んでいますので、もし将来、連携するようなことがあれば、より幅を広げた診療をしていけると勝手な夢を描いています(笑)。

―読者にメッセージをいただけますか?

【鈴木院長】お子さんに歯が生えはじめ、1歳ぐらいになったら来院して少し見せていただくだけでも、「こうしたほうがいいですよ」とアドバイスができると思います。例えば、スプーンでごはんを食べさせる時、手前ですっと止めると、子どもは食べようとして首や頬に力を入れるので筋肉が鍛えられ、その積み重ねで不正咬合を防止できる可能性もあります。そんなお話もしていけたらいいですね。そうして、私たち歯科医師が治療介入しなくても大丈夫という子どもたちが育っていけば歯科医師として、これほどうれしいことはないですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細