APPLAUSE 愛歯やまだ歯科

APPLAUSE 愛歯やまだ歯科

山田雅也院長

第2の永久歯と呼ばれるインプラント
メリットは自然な噛み応え

APPLAUSE 愛歯やまだ歯科

自由診療

Main

インプラント治療を受ける大きなメリットは、自分の歯と同じように噛むことができること。失った歯を補う治療として、入れ歯も選択肢の一つに挙げられるが、「噛み応え」という面ではインプラントにはかなわないという。「食事をしておいしいと感じるのは、舌で感じる味覚よりも、噛み応えが重要な要素」と話すのは、「APPLAUSE 愛歯やまだ歯科」の山田雅也院長。インプラント治療について豊富な経験を持ち、多くの患者に「噛める喜びと幸せ」をもたらしている山田先生に、インプラント治療の基礎知識、メリット、治療を受ける条件など話を聞いた。(取材日2017年9月14日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

インプラント治療は、具体的にどんな治療ですか?

インプラントは、医学用語で「植立する」という意味があります。インプラント治療とは、失われた歯の場所に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法をいいます。機能的にも見た目も天然の歯に近い状態で、失った歯を補うことができることから「第2の永久歯」とも呼ばれ、治療を希望する人は急速に増えています。皆さんが最も心配されるのが安全性についてですが、インプラントの歯科素材として使われるチタンは、骨と結合しやすい特性があって耐久性が高い、整形外科領域でよく使われる素材です。また、アレルギーや拒絶反応を起こしにくく、人体に優しい金属と言われています。

インプラント治療を受ける大きなメリットは何ですか?

入れ歯は口腔粘膜の支えがあってはじめて機能しますが、インプラントは骨と直接結合しているため、天然の歯に近い噛み応えを感じやすくなります。同じ力で同じ回数ピーナッツを咀嚼し、どのくらい細かく噛み砕けたか咀嚼能率を測ると、天然歯を100とした場合、総入れ歯は35~40、部分入れ歯は60、インプラントを入れた歯は85~95と言われています。「おいしい」というのは、舌の味覚だけでなく噛み応えが重要で、いかを自分の歯で噛み切った感覚や、煎餅を噛み砕いたパリッという音が脳に伝わって初めて「おいしい」と感じるものです。インプラント治療によって、よく噛めておいしく食べられるようになるのは大きなメリットですね。

誰でも受けられますか? 期間についてお聞かせください。

喫煙者と糖尿病の方ですね。タバコは歯周組織に悪影響を与え、糖尿病は感染症にかかりやすいことから、インプラント治療はご遠慮いただいています。痛みに関しては、ほとんどの方が「思っていたよりも痛くなかった」とおっしゃっています。痛みは、傷ついた組織から細菌の侵入を防ぐために、白血球が働いて腫れや炎症反応が生じることで起こります。インプラントは消毒したきれいなところに清潔なものを入れるので、生体反応が起こらず、ほとんど痛みを感じないのです。インプラントを埋入して土台が固定されるまでの治癒期間は、下の歯だと1ヵ月半、上の歯は3ヵ月かかるのが目安です。

検診・治療START!ステップで紹介します

カウンセリング

カウンセリングルームで、まずは症状を確認。歯の悩みや痛みのある部分を伝え、インプラント治療の概要について説明を受ける。インプラント治療は顎の骨を削るなど外科的手術を伴うことから、不安を感じている人や間違った認識をしている人も多い。「不安や誤解を解消して、コミュニケーション図ることが何よりも大切」という山田先生の考えもあり、画像や模型を使った丁寧な説明が行われる。

治療計画の立案

インプラント治療は、長期にわたるメンテナンスが必要であり、治療後、万が一トラブルが生じた場合に備え「10年間の保証制度」がある。治療内容やクリニックの方針に納得し、治療を受けることを決めたら、インプラント治療に必要な検査を受けることになる。歯科用CTを使った精密検査の結果と、歯並びや顎の関節の状態に基づいて、治療計画が立案される。

インプラントを埋入

手術前は口腔内の細菌を消毒し、局所麻酔をかけてからインプラントが埋入される。手術に要する時間は、1時間~1時間半ほど。徹底した衛生管理のもと、治療計画に沿った精密な治療が進められる。埋入後、1週間~10日ほどで抜糸し、インプラントが順調に固定できているかを確認。インプラントと骨が接合するまでの治癒期間は下の歯だと1ヵ月半が目安だが、個人差があり埋入した場所によっても異なる。

人工歯を取り付ける

インプラントが固定されたら、その上に人工歯が装着される。人工歯の素材はオールセラミック、プラスチック、ハイブリッドセラミックの3種類。基本的に前歯は見た目を、奥歯は噛み応えを優先した素材が選ばれる。人工歯を付けて、噛み合わせの調整が済めば治療終了。定着するまで1ヵ月間は、硬いものやお酒を控える。

メンテナンス

インプラントを入れた歯が、いつまでも安全に使用できるように、しっかりとホームケアを行いながら、定期的にメンテナンスを受ける。治療が完了して1ヵ月後に来院して口腔内をチェックし、その後のメンテナンスの頻度は術後の経過による。

料金の目安

インプラント治療費一式 28万~37万円

ドクターからのメッセージ

山田 雅也院長

人間にはいろいろな欲望がありますが、その中でも本能的な2大欲求は「性欲」と「食欲」だと言われています。そして、年を取れば取るほど「食欲」の優先順位が高くなるものです。「食」の喜びは人々を幸せな気持ちにし、また健康にも直結するものです。老後に「食欲」を満足できる一生を送った者こそ、人生の勝ち組だと私は思っています。しっかり噛んで、おいしく食べるためには、健康な歯が必要です。年を取ってからも豊かな生活を送るために、歯を大切にしてほしいですし、入れ歯とインプラントで治療を迷われている方がいましたら、「噛み応え」という点に目を向けて検討してもらえたらと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細