医療法人社団慶忠会 うしく整形外科クリニック

医療法人社団慶忠会 うしく整形外科クリニック

牛久 尚彦院長

頼れるドクター

10759

アスリートの治療経験を生かし、スポーツ活動を支援

―医師を志した理由をお聞かせください。

外科医である父の影響が大きいと思います。整形外科は命に関わる領域ではないものの、日常生活に大きな影響を及ぼす治療分野です。私たち人間は足をくじいただけでも不便な生活を強いられますよね。ですから「治療によってその方に合ったハイクオリティーライフをどう取り戻していくか」ということを常に意識して診療にあたっています。大学ではスポーツ医学を専攻し、特に膝関節の治療を専門としていました。膝の疾患は運動中のけがによるものが多いため、実際にアスリートが練習をしている現場に行く機会が非常に多かったですね。スポーツの現場で培った経験を生かすためにも、連携しているスポーツクラブで各種セミナーを開いています。

―どのようなセミナーを開催しているのですか?

当院の2階に併設されているスポーツクラブの会員さんや患者さんに向けて、腰痛のメカニズムや水中ウォーキングの理論的な説明などを行っています。水の中を歩くことでどのような効果が期待できるのか、またなぜそのような効果が生まれるのかをお話しすることで運動のきっかけづくりになればいいなと思っています。現在は半期に一度ほどの開催ですが、生活習慣や現代病の改善トレーニングなど役立つ医療情報が発信できるのはもちろん、日頃ゆっくりお話しする機会の少ない患者さんとも交流を深められる有意義な時間になっています。

―オリジナルのインソールも作られていると伺っています。

スポーツ障害の患者さん向けに、開院当初より手がけてきました。インソールには種類がたくさんあって、どんな靴にでも合うような汎用性のあるタイプから、その靴、その足型にしか合わないものまでさまざまです。当院では入谷式を採用し、患者さんの使用用途に合わせてどちらのタイプも作っています。入谷式は痛みの発生要因を解消することにこだわった技術で、ただ足の形に合わせるのではなく、足首のやわらかさや歩き方を測定して、左右ぞれぞれの歩行バランスを考えながら作製するものです。患者さんからもご好評をいただいています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細