星川歯科医院

星川誉子 副院長

10668 df 1 main 1225943782

センター南駅からすぐという立地にある星川歯科医院。若いご夫婦による、丁寧な対応で評判の医院。受付横にある掲示板をふとみると、受診している地域の方々が思い思いのチラシを貼っている。少年野球チーム募集のチラシ、サークル紹介のチラシ……「患者さんとのコミュニケーションを大切にしたい」というお二人のあたたかい気持ちが伝わってくる空間になっている。今日は、子育てに奮闘しながらもご主人とともに歯科医師をされている、副院長の星川誉子さんにお話を伺った。(取材日2007年10月5日)

地域とともに成長する医院を目指して

―あたたかみのある内装ですね。

暖色系をベースに選んでいるからだと思います。この地域の色をイメージするとレンガ色なので、それに合わせてみました。また、この周辺は私たちと同じくらいの若い子育て世代も多く、お子さんもたくさんいらっしゃるので、このほうが親しみやすいのではないかという思いもあります。とはいえ、もちろんお住まいになっているのは若い世代ばかりではないので、開業の際、院名には横文字を避けてあえて漢字にしました。

―なぜセンター南を開業の地に選ばれたのですか?

私たち夫婦と同じ世代の人が多いこの町なら、私たちも、そして医院も一緒に年を重ねていくことができるだろうと考えたからです。5年前に開業したのですが、当時私は妊娠5カ月で、妊娠中の開業準備・開業で本当に大変でした。出産後は1カ月で復帰です。保育園の空きがなかったので、院長室にベビーベッドを持ち込んで子育てをしながらの診療を続けたのです。子どもが泣いたら、私や院長、従業員の連係プレーでミルクをあげたりして。子どもは今4歳になりましたが、この地域と一緒に育っているという感じです。

―キッズスペースが広く、しかも診療室の中にあるというのは珍しいのでは?

キッズスペースにしては相当広いと思います。実はここは、将来的に診療台を増やせるようにとっておいたスペースなのですが、今のところ、院長と私の2人で診療しているのでこのくらいで十分です。でも、ここにキッズスペースをつくったおかげで、お子さんを連れたお母さんも気兼ねなく診療を受けることができるようです。お子さんのほうも、お母さんの顔が見えるので安心して待っていられますね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細