全国のドクター8,482人の想いを取材
クリニック・病院 161,435件の情報を掲載(2019年10月20日現在)

はまだ眼科

はまだ眼科

濱田 麻美 院長

10564 %e3%81%af%e3%81%be%e3%81%a0%e7%9c%bc%e7%a7%91

患者のライフスタイルや環境に合わせた診療を心がける

―最近、増えている症状などはありますか?

ドライアイやアレルギーなどの症状を訴える患者さんが増えていますね。こうした病気はなかなか根治することが難しいものです。ですから、できるだけ日常生活の中で患者さんがうまく付き合えるように配慮して、治療やアドバイスをするようにしています。特に働き盛りの方は忙しく、処方した薬をもらったらそれでおしまいという方も少なくありません。でも再受診し、その薬を使用した実際の声をフィードバックしていただくことで、より具体的で確実なアドバイスが可能になると考えています。私のほうでも、患者さんからのデータを蓄積していくことで、患者さんに還元していくことができます。ぜひ薬をもらいっぱなしではなく、ちょっとお顔を見せてもらえればと思っています。

―ところで、仕事と子育て・家庭の両立は大変ではなかったですか。

子どもが小さい頃は大変でしたが、3人とも成長してだいぶ手が離れました。産休で休んだ後、ある患者さんに「先生が戻ってくるのを、ずっと待っていましたよ」と涙ながらに言っていただいたことがあり、とてもうれしかったですね。子育てと仕事の両立がすごくつらいなということもありましたが、こんなふうに待っていてくださる患者さんがいると思うと、もっと頑張らねばと思いましたね。長いお付き合いの患者さんも多く、時々カルテを見て、小さかったお子さんが大きくなったんだなあとしみじみ思うこともあります。子育ても一段落しましたので、これからは、日々を大切にしていきながら、それぞれの診療を充実させていきたいと思います。

―最後に、読者へのメッセージをお願いします。

地域のクリニックですから、特に変わったことができるというわけではありませんが、「ここに来たら調子が良くなった」「雰囲気がいいから家族も連れて来た」と言っていただけるようなクリニックにしていきたいと思っています。またお母さん方は、お子さん優先で、ご自分のことは後回しにされがちです。でも、私も年を取ってきてわかるんですが、目の健康にも徐々に不調が出てくるので、何か気になることがあれば早いうちに解決してください。特にもともと目が良かったり、眼鏡店で眼鏡を作る方は、意外と眼科を受診されません。緑内障など自覚症状がなく、受診しないと発見できない病気もあります。ぜひご自分の目の健康について考える時間をつくっていただければと思いますね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

オルソケラトロジー/16万5000円(2019年3月現在)
※詳細はクリニックにお問い合わせください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細