求人情報ON
医療法人 松本歯科医院

医療法人 松本歯科医院

松本 英吉理事長

頼れるドクター

20180423 %e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

病院と診療所の中間に位置する歯科医院をめざす

―2015年に現在の場所に移転されています。

目標を実現するために移転しました。病院の場合、大学病院や基幹病院があり、中小の病院もあり、地域のクリニックがあります。これに対して歯科は、大学病院と地域のクリニックしかなく、その間をつなぐ医療機関は少ないのです。私はずっとその両者をつなぐ役割をしたいと考えており、現在の場所にその考えを具体化できる環境を整えました。クリニックの入るビルは地元の自治体と連携を取りながら建てたもので、完全にバリアフリー化されています。ビルの前の道路から車いすのままクリニックをご利用いただけますし、通路の幅などにもゆとりを持たせています。また、患者さんの動線とスタッフの動線を完全に分離して、パイプや配線などもすべてすっきり収納しました。先ほどもお話ししたとおり、歯科医師臨床研修指導医として、研修医の指導にあたることも多いので、診療室の中心から7台の診療台をすべて見渡せるレイアウトを採用しています。

―設備も充実していますね。

診療台はすべて、人間工学に基づいた自然な姿勢がとれるものを導入しました。恩師の先生が使っておられたもので、患者さんはリラックスして治療中に寝てしまうぐらいです。診療に使用する水のホースを常に滅菌された状態にする機能を備えているというのも、この診療台を選んだ大きな理由です。また、最も厳しいとされるヨーロッパ基準でクラスB規格の滅菌器を導入するほか、インプラント治療を行う診療台はエアカーテンにより半個室化が可能です。酸素と笑気の混合気を麻酔に使用する設備、歯科用CTやコンピュータ制御で歯の詰め物やかぶせ物を作るシステムも、病院とクリニックの中間をめざす歯科医院として、レベルの高い治療を実践すべく導入した設備です。

―スタッフの専門性にもこだわっておられます。

インプラント治療を行う際には、私だけでなく、インプラント専門の歯科衛生士、歯科麻酔医が、コミュニケーションを取りながらチームワークで治療にあたります。治療中は自分の持ち場に集中したいと考えているので、信頼できるスタッフにきちんと管理してもらいながら治療を進めることができます。また何よりも、患者さんに常に質の高い治療、きちんと噛めて、思い切り口を開けて笑えるような治療を提供するためには、やはり高い専門性を持ったスタッフが必要です。おかげさまで、当院で治療を受けられた方のクチコミで患者さんがお越しになり、症例数も相当の数になっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細