全国のドクター8,482人の想いを取材
クリニック・病院 161,436件の情報を掲載(2019年10月21日現在)

生島歯科医院

生島 卓也 院長

104342 %e7%94%9f%e5%b3%b6%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

高いスキルと豊富な経験、実績を積み重ねた治療

―先生は歯磨きの際に、歯磨き粉を一切使用されないと伺いました。

ブラッシングが十分であれば問題ないと考えています。歯磨き粉には必ずと言っていいほど研磨剤が含まれているので、磨くたびに歯が削られてしまいます。「研磨剤無配合」と書かれている歯磨き粉でも多少は含まれていることがあるので、それが原因で知覚過敏になっている人も多くなっています。以前、親しい先生のところで唾液検査を受けたとき、検査結果では私の口内のミュータンス菌が通常で考えられないくらい、とても少なかったのです。私も、担当してくださった先生も驚いたのですが、砂糖なしのキシリトールガムを噛んで行ったことで唾液の分泌が盛んになり、ミュータンス菌が殺菌されたのかなと考えました。そういった経験からも、歯磨き粉の使用が必ずしも必要なわけではなく、結局は定期的な歯石除去と正しいブラッシングケアで唾液分泌をうながすほうが口臭予防にもつながりますし、口腔内を守れると考えるようになったのです。

―診療の際に大切にしている考え方がありましたら教えてください。

根管治療が得意な先生のもとでスキルを磨かせていただいたおかげで、技術が向上すると診断も変わることを実感しました。ひどい虫歯でも根管治療技術があれば、その技術を生かして、歯を残せる可能性も出てきます。それでも神経を取った歯は、弾力がなく割れやすくなるため、将来的な抜歯のリスクは抱えることになります。ですから得意なのは根管治療であっても、なるべく削らない、歯を失わないための治療を当院の診療方針としています。削らないといけない場合でも、虫歯のあるところだけを取って健康な歯を削らずに済むよう、高速回転のタービンだけでなく、低速のマイクロモーターをさらに低速にして使用しています。低速だと熱があまり発生しないので歯髄炎を起こしにくくなります。

―根管治療の経験が他の治療にも生かせるのですね。

詰め物の場合ですと、きれいに虫歯を取り除いてからでしたら歯の部分が固いのでしっかり定着しますが、それが不十分だと虫歯になっている歯のやわらかいところに詰めることになりきちんと定着しないので、結局詰め物が外れやすくなります。根管治療も、歯の根元にたまった膿を根管を通して排出させながら根管を詰まらせないようにしなければならないので、そのための切削技術と根の中の細菌を清掃していく技術を兼ね備えていなければ、期待する成果を得ることが難しい治療だと思っています。この治療は特に丁寧さを要するため早く終われるものではありません。治療が早い、イコール良い治療とは限らないことを認識していただきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細