なんば歯科クリニック

なんば歯科クリニック

難波圭司院長

頼れるドクター

医院トピックス

静脈鎮静とガイドシステムで
より安全・確実なインプラント治療

なんば歯科クリニック

自由診療

Top

虫歯や歯周病、事故などが原因で失った歯を補うための「インプラント治療」。歯の欠損箇所の顎骨に穴を開けて歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を取り付けて歯の機能を回復するインプラントは、天然の歯とほぼ変わらない噛み心地や見た目の美しさを得られるなど、メリットの大きい治療法だ。だが外科手術を伴うため、術中・術後の痛みや腫れのほか、失敗やトラブルなどへの不安から治療に踏み出せずにいる人もいるのではないだろうか。今回は、日本口腔インプラント学会の専門医・認証医であり、1995年のクリニック開業以来毎年数多くのインプラント手術を手がけてきた「なんば歯科クリニック」の難波圭司院長に、より安全で確実なインプラント治療について取材した。(取材日2016年4月14日)

先進の技術と豊富な診療経験を武器に 低侵襲で仕上がりの美しいインプラント治療を実現

安全なインプラント手術に必要なことはどのようなことですか?

1 ▲しっかりとした説明をしてくれる先生 まず治療前に口腔内をCT撮影し、顎骨の状態や神経・血管の位置などを正確に把握することが大切です。通常のレントゲンは2次元の平面画像ですが、3次元のCT画像は手術部位の状態を立体的に知ることができるので、安全性と確実性が格段に向上します。さらに当院では術前だけでなく、術後の即時CT撮影を必ず実施しています。インプラントを正確な位置に埋入できたか、神経や血管を傷つけていないかなど、手術の結果をオペ当日に評価することで、リスクの回避はもちろん、患者さまの安心感にもつながります。また「ガイドシステム」を導入し、手術時間を短縮して術後の腫れや痛みを最小限に抑えるなど、低侵襲の手術を心がけています。

ガイドシステムとはどのようなものですか?

2 ▲マイクロスコープ完備 CTの画像データをもとに、コンピューター上でインプラントの最適な埋入位置や方向、深度をプランニング、その情報を反映させた「サージカルガイド」というマウスピースのような装置を作製して、ガイドが示した位置に合わせて手術する方法です。あらかじめ埋入位置が決まっているので、施術ミスを防ぐ、手術時間が短縮される、必要最低限の切開ですむため出血が少ないといったメリットがあります。さらに条件が合えば、歯茎の切開や剥離なしで手術できるケースもあり(フラップレス手術)、患者さまの身体的・心理的負担を大幅に減らすことができます。

手術に伴う痛みについてはどのように対応されていますか?

3 ▲新しいレーザー機器が完備されている インプラント手術の痛みは抜歯と同程度で、局所麻酔で十分カバーできるとされています。しかしすべての痛みを取り除くことは難しく、当院では通常の局所麻酔に「静脈内鎮静法」と呼ばれる鎮静麻酔を併用した無痛治療を行っています。鎮静麻酔下ではウトウトと眠ったような状態になり、リラックスして手術を受けられます。麻酔は経験豊富な麻酔医が担当し、術中も血圧・心電図モニターで全身状態をチェックするなど、安全には十分配慮していますのでご安心ください。鎮静麻酔は強制ではなく、希望する患者さまのみ行っていますが、当院のインプラント手術症例の95%、過去に手術を経験した患者さんに限ると100%の方で実施しています。

現在どのようなインプラントを選ぶ方が多いですか?

4 ▲精緻なCT画像を見ながらの診断になるので安心 以前は価格を重視してインプラントを選ぶ方が多かったのですが、最近は価格よりも、長持ちするかどうかを基準にする方が増えてきました。長期間口腔内に入れて使用するわけですから、耐久性が高く、体に優しい素材のものを選択することが大切です。当院ではアレルギー発症のリスクが低い、純チタン製のインプラントを、さらにインプラントの上にかぶせる人工歯には、強度に優れたメタルフリーのジルコニアをお勧めしています。また、事前に撮影したCT画像からマウスピースのような試作模型を作製し、実際にお口にはめて最終の仕上がりを確認することも可能です。治療後の状態がイメージしやすく、治療を選択する際の手助けになると思います。

インプラントを長持ちさせるコツを教えてください。

5 ▲勉強会等で常に新しい知識や技術を取り入れているので頼りになる 歯周病がある状態でインプラントを入れると、周囲の骨が歯周病に感染するリスクがあるので、先行して歯周病の治療を行います。当院では歯周病治療にレーザー治療機器を用いて、痛みのない治療を行っています。インプラント治療完了後は、毎日のブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスで口腔内環境を整えることが重要になります。インプラントは人工物なので虫歯になることはありませんが、隣接する天然歯が虫歯になることはありますし、歯周病に関しては天然歯と同様のリスクがあります。時間とお金をかけて、せっかく入れたインプラントです。できるだけ長持ちさせるために、治療後のメンテナンスを忘れないでください。

料金の目安

インプラント+ジルコニア 1本40万円~、インプラント+メタルボンド 1本37万円~

ドクターからのメッセージ

難波圭司院長

インプラントは入れ歯やブリッジとは異なり、インプラント単体で顎骨に固定するため周囲の歯に負担をかけることはありません。お口の健康を末永く維持できる、とても効果的な治療だと思います。ただ、CTやガイドシステムなど先進の機器を使用していても、手術中にトラブルが起こる可能性はゼロではありません。何かあったときに適切な処置ができるかどうかは、歯科医師の経験で決まります。実績があり症例数の豊富な歯科医師が常駐している医院を選びましょう。当院は開業から21年間、毎年多くのインプラント手術を続けてきました。機能面はもちろん審美性にも優れたインプラント治療をご提供していますので、お気軽にご相談ください。

記事更新日:2016/05/02
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細